台風がくるとちょっと体調に変化出る方って多いですよね。私もそうなのですが、台風がくるとすっごく眠くなるし、身体がだるく感じることも多いです。

そこでなぜ台風がくると眠い、だるいのか?体調が悪いな、体調不良を感じたときに対処方法をご紹介しようと思います!

原因はやはり気圧の変化なのでしょうか?

スポンサーリンク

台風がくると眠いしだるい!

いつもそうだけど、台風がくるとなんか体調にすぐあらわれます。

特に症状が強いのは「眠い」とか「だるい」です。

台風が来る前からそれはだいたい感じていて、私の感覚では台風がくる2日前くらいから、眠くなったり身体にだるさを感じます。

あなたはどうでしょうか?台風くるとき、どのタイミングで眠くなったり、だるく感じますか?


SNSを見る限りでも台風がくると眠いと感じる方が多いです。これって実は台風の何が原因なのかご存知でしょうか?

スポンサーリンク

体調不良の原因は気圧の変化?

台風がくるとこんな感じで体調不良を起こす方が本当に多いです。

今回眠い、だるいのほかに頭痛や吐き気を起こす方も多く、人によっても症状は様々です。

ではこの体調不良の原因はなんのか?といいますと、

【体調不良の原因】気圧の変化

①低気圧によって「副交感神経」が働く

②低気圧によって「酸素濃度」が薄くなる(酸欠やむくみ)

この様に気圧の変化が大きな原因です。

①副交感神経が働くことによって、身体が「おやすみモード」に入ってしまうというものです。どんどん活動時間が少なくなりがちです。

そして、老害物の排泄する機能が正常通りに戻らず、身体に老廃物が溜まりやすくなるのです、これが眠くなったりだるいの原因の一つです。

②酸素濃度が薄くなるので、通常の体内に吸収していた酸素量が減ってしまうので身体は省エネモードになってしまって、眠気が起きやすいです。

※普段から鼻炎などのいびき持ちの方は朝の寝起きが辛い方が多いです。

台風

体調不良のときに対処法!

では、このように低気圧の変化で体調不良のとき、どんな対処をすれば症状は軽くなるのものなのでしょうか。

気圧の変化によって体調に変化が起きるのは、その人の持つ体力や免疫力によっても症状はまちまちのようです。

眠いやだるい方に関しては、気圧の変化によって「酸欠」や「副交感神経」が原因です。

そのため、予防対策(対処方法)として、

・水を多めに飲む
(酸素濃度を上げるため)

・深呼吸する回数を増やす
(酸素濃度を上げるため)

・軽く散歩する(身体を動かす)
(血行をよくする)

・お風呂で半身浴
(血行をよくする)

こんな感じで台風が来る前から事前に対策を取っていくことで症状は軽くなると思いますので、ぜひぜひ当記事を参考に実践できるものは今日からでもやっていきましょう^^