こんにちは!

未だ帰国できていない拉致被害者、横田めぐみさん。

横田めぐみさんが結婚したという夫や娘には横田めぐみさん夫妻は数年前に再会することができました。

しかし、夫はめぐみさんが亡くなったことを証言したが、遺骨からのDNA鑑定では別人であることがわかりましたし、どんどん横田めぐみさんの生存に関する真相が北朝鮮によってもみ消されていっているようで非常に悲しい問題になっています。。

今回はそもそもなぜ横田めぐみさんは帰国することができないのかや、金正恩と親子であるからなのか?そのデマ騒動の真相にも迫りたいと思います。

スポンサードリンク

横田めぐみについて

名前;横田めぐみ(よこた めぐみ)

拉致されたのはもう40年も前のことですが、

拉致された当日の朝は賑やかに双子の弟と朝ごはんを食べて中学校にでかけたといいます。

いつもなら、部活がおわり帰宅しているはずだったに、横田めぐみさんは帰宅中に拉致されてしまいます。

目撃者もいない、誘拐でもないと。

彼女はとても明るい性格で、家族にとって太陽のような存在だったといいます。家族はそれから、毎日海岸の方にいったりと、様々な場所を手あたり次第探していたようです。

のちに拉致されていたことがわかったのです。

それは平壌市でめぐみさんが生きているという情報でした。

スポンサードリンク

横田めぐみは何故帰国できないの?

政府で認定されている拉致被害者は17人といわれていますが、それ以上に拉致されている人は多いと思われます。

横田めぐみさんがなぜ帰国できないのかにについては様々な憶測が飛び交っているのですが、一つは皇室の系統ではないか。ということ。

詳しくはこちらをご参考に。

横田めぐみは皇族?金正日と夫婦なら金正恩と親子?拉致問題の真実

そのため、北朝鮮は横田めぐみさんを手離せないのではないか。という憶測です。

そして、横田めぐみは

北朝鮮に関する機密事項を知り過ぎて帰国させられない。

これは、やはり横田めぐみが生存している可能性が高いことを前提に噂されていることなんです。

なので、もちろん横田めぐみ夫妻も横田めぐみさんが生存していることを信じています。

横田めぐみ

金正恩との親子だから?デマの真相!

金正恩との親子だから帰国できないのか?

しかし、これはデマの可能性が高いと思います。

親子生まれた時期など、考えるとあわないですし、横田めぐみにはひとりの娘はいます。

横田めぐみ夫妻も実際にお会いしていらっしゃって、デマの真相ははっきりした証拠がないのでつかめませんが、娘ヘギョンは北朝鮮に住んでいます。

現在もう30代に突入しています。そして、子供も出産されているので、横田めぐみ夫妻は孫とひ孫にも会えたことになるんですよね。

現在横田めぐみ夫妻は、金正恩と安倍総理(2017年時点)との会談を強く訴えかけています。

スポンサードリンク