こんにちは!

皇族って何人いるか知ってますか?

これまでメディアに出てくるのは天皇陛下のご子息のお二人やご息女の家族関係がメインで見てきたかとおもいますが、実際は皇族は私たちの思っている以上にもっとたくさんいらっしゃるはずなんです。

今回はよくある疑問、皇族はいったい何人いるのか?そして、女性皇族の場合に関して、結婚されて離婚された場合って戸籍はどうなるのでしょうか?離婚した人っているのかな?そんなあまり知られていない皇族事情を探ってみました。

離婚後は子供の親権についても話し合わないといけませんよね。

みていきたいと思います!!

スポンサードリンク

皇族は何人いる?

まず皇族がいったい何人いるのか把握していきたいと思います。

下記のほうに画像を貼り付けましたので、すこし参考になるかと思いますが、画像上にいるのがおそらく皇族と呼ばれる人たちであると思います。

現在の天皇陛下(2018年1月時点)以下の皇族の人数を数えてみると、29人はいらっしゃいました。

また、現在の皇太子の妹、黒田清子様に関しては一般の方のとこへ嫁いでいらっしゃるので現在皇族ではありません。

これは私の知る限りですが、現在黒田清子さまにお子様はいらっしゃいません。

また、天皇陛下(2018年時点)は昭和天皇の子供にあたるわけですが、子供が七人もいたんですよね。

昔の日本の平均の子供人数は5.6人って当たり前の時代だったのですが、天皇陛下以外のひとって今なにしていらっしゃるんでしょうね。

のんびり老後をすごしていらっしゃるのでしょうか。

スポンサードリンク

離婚した人や女性は戸籍を戻すのは可能?

また、気になる疑問のもうひとつ、離婚したあとは女性は戸籍を戻すことは可能なのか。ということですが、

これは官内長関係者の話によると、女性がもし皇族から一般人の戸籍にはいると、皇族には戻れないといわれています。

つまり戸籍はそのまま一般人の戸籍ってこと!

現時点では離婚した人はいないと思いますが、現在皇太子の妹さまの黒田清子さまにかんしても、もし離婚した場合、戸籍は戻せないのです。

つまり、苗字、名前はそのまま使わないといけなくて、皇族の名前は名乗れないんです。

離婚はすることはもちろん可能だと思います。一般人なので!しかし名前は別で苗字はそのまま使うことはできるといわれているんですよー。

あらたに苗字つくっちゃいけないのかなーー。

家計図

子供の親権について

では離婚したとき、子供の親権はどうなるのでしょうか?

これは女性が皇族から離れて離婚した場合ですが、もはや戸籍は一般人としての扱いなので、親権はどちらでもとることは可能であるとおもいます。

ただやはり環境は大事ですから、それなりに経済力や学校のある環境があるほうが子供にとっても好ましいですよね。

というか、男性l皇族の場合で離婚した人の話って聞いたことはありませんよね。

離婚したくても、やはり皇族は日本の象徴となる部分ですから、難しいでしょうね~~。きっと裏事情はいっぱいあるとおもいますよ。

スポンサードリンク