秋篠宮様の奥様である紀子様についての記事です。

紀子さまは幼少期海外にいた経験をもち、英語やドイツ語も話されるのですが、転々とした生活は父親の職業が関係していました。

今回は、紀子さまの父親の職業や母親の実家の今、紀子さまのお家柄や父の職業を元に、実家はお金持ちなのかについて調べてみましたよ^^

紀子様の父もまた海外に縁のある方だったようです。

スポンサーリンク

紀子様について

紀子様のプロフィール

名前;文仁親王妃子様(ふみひとしんのうひ きこ)

生年月日;1966年9月11日

出身;静岡県静岡市

子女;眞子様・佳子様・悠仁様

紀子様と家族,ピアノ

紀子様の学生時代について

学習院女子高等科にかよっていた紀子様。

紀子様はクラスで選ばれた厚生委員を務め、街中でハンセン病患者をはじめ恵まれない人のために募金を呼び掛けたり、身体障害者の人たちが作った絵葉書を進めたりする活動に取り組んでいました。

現在の秋篠宮親王様とは1年先輩であり、秋篠宮様が立ち上げたサークルを通して交際を深めていったといいます。

そして1986年6月26日に文仁親王から求婚を受けましたが、すぐにはお返事をなさらずに時間をおいてからの承諾だったといわれています。

スポンサーリンク

紀子様の父親の職業や母親の実家の今、お家柄!

紀子様の父親の職業と職歴について

紀子様の父親の職業について

紀子様の父親の職業についてですが、紀子様の父親の職業は大学の教授になります。

東京大学を卒業されてから、ペンシルベニア大学大学院に留学したことから、紀子様は6歳までアメリカで過ごしています。

英語もおそらくペラペラなのでしょうね!

紀子様のお父様

紀子様の父親の名前は、

川嶋 龍彦(かわしま たつひこ)

生年月日;1940年4月20日

出身大学:東京大学

職業;日本の経済学者、学習院大学名誉教授

研究しているのは、空間経済・統計学・計量経済学でした。

学習院馬術部大学部長であり、明仁親王一家とは部の会合で何度か顔を合わせ、面識があったそうですよ。

紀子様の父親の職歴について

紀子様のお父様の職歴をご覧ください。

※wikipediaを参考に書かせて頂きました。

1972年 ペンシルベニア大学院 専任講師

1973年 学習院大学経済学部 助教授

1976年 学習院大学経済学部 助教授

1977=1979  国際応用システム分析研究機構(所在地オーストラリア)研究員

1944-1966年 学習院大学東洋文化研究所長

1977年-2011年 学習院海外協力研修プログラムの実施責任者

2011年 学習院大学名誉教授(現在)

紀子様の父,紀子様

紀子様の母や実家の今【現在】について

紀子様の父親は大学教授であることがわかりましたね。

母親についても見ていきましょう!

紀子様の母(和代)さんは、とくにお仕事はせず今もなお専業主婦として紀子様のお父様をささえていらっしゃると思います。

紀子様が嫁がれてからはご実家にあまり帰られること多くないようで、詳しい情報はでてきません。

また、紀子様の母方の実家についてですが出身は静岡県静岡市でいらっしゃるので、ご実家は静岡県のほうに今もあるようですよ。

紀子様

紀子様に関する記事

紀子様と眞子様の結婚に反対か?小室家の借金問題で絶縁の危機?

紀子様の弟の現在!離婚した理由は?子供の年齢や学校はどこ?【画像】

紀子様の実家・家柄からしてお金持ち?

紀子様の実家|結婚前の暮らしは団地?

紀子様の実家の家族構成は四人家族です。

  • 父の川嶋 龍彦(かわしま たつひこ)
  • 母の川嶋 和代(かわしま かずよ)
  • 弟の川嶋 舟

父親が大学教授であるのですが、川嶋龍彦さんは東京大学出身。

紀子様の父親自体とても穏やかの雰囲気ではありますが、一部の情報では紀子様が結婚前までは父の職員共同住宅、つまり社宅(団地)に住んでいらっしゃったため「3LDKプリンセス」とも呼ばれていましたよ。

とはいえ、父親も東大出身であることは変わりませんし、大学教授も素晴らしご職業ですのでそれなりにお金持ちでいらっしゃるかとみています。

このように大学教授の父親の家庭で育ったのですが、住まいに関しては底までお金持ちの人が住んでいるような家ではなく、一般家庭となんら変わらない生活だったとは思いますが、「教授」という時点で私はお金持ちであるだろうと判断しています。

紀子様の家族

大学居教授の年収はいくら?

大学教授の場合は50代教授の時点で年収900万円。大学によっては1,400万円も出るそうで、これは大学によって金額が異なりますね。

にしても、900万円時点で十分な収入ですよね?

しかも、日本を代表とする「学習院大学の大学教授である父」の場合は、、、ん~2,000万円くらい年収でもらっていてもおかしくないですよ。

平均年収で1,000万円ってところなので、十分なお金持ちであることがわかりました!!

スポンサーリンク

まとめ〜紀子様の父親の現在について〜

2018年時点で紀子様の父親は70歳を超えていらっしゃいます。それでも未だに大学院教授をされているのであれば、年収は想像つかない金額になっているかと思いますね。

まさか、「教授」という職業がこんなにも稼げるなんで思っていませんでした。

紀子様は改めてご立派なご家庭、家柄でいらっしゃることがわかりましたね!

きっと紀子様のお母様もお父様をそっと支えていらっしゃることでしょう。お父様についてまた何かわかりましたら追記していきます。