今日は皇室の話題になりますが、現在は一般の方と結婚されていますが、ご存知でしょうか?

子供3人いるといわれていますが、現在は何をしているのか調べてみました。

皇室の方である黒木清子の場合は夫の浮気で離婚したらどうなるのでしょうか?

スポンサーリンク

黒田清子について

黒田清子の簡単プロフィール

名前:黒田清子(くろだ さやこ)

生年月日:1969年4月18日

黒田清子

現在の職業

2017年6月19日 黒田清子が伊勢神宮祭主に就任。

黒田清子が生まれたとき、2250グラムで身長45,2センチと未熟児でした。女性であり、いずれ皇籍から離れる身として教育されてきました。

黒田清子の結婚はいつ?

結婚されたのはいつ?

黒田清子が結婚されたのは、2004年のこと。1月に求婚をうけて承諾されました。もともと相手の黒田慶樹は清子のお兄様にあたる秋篠宮様の友人であったといいます。交流はあったということですが、おそらく結婚にいたるキューピット役になったのは秋篠宮さまだといわれています。

黒田清子の一般人の旦那について

黒田清子の結婚相手は黒田慶樹(くろだ よしき)さんです。

生年月日:1965年4月17日

黒田慶樹

出身地:公表されていませんが、おそらく東京

現在のご職業は「東京都建設局の公園緑地部利用促進担当課長」です。

黒田慶樹さんのご両親の父親は「トヨタ自動車」に勤務されていたのですが、、大学在学中にこの世を去っていました。

また、母親は寿美子さんというお方で、兄が一人いらっしゃいます。

黒田慶樹さんは、大学では「写真部」「地理研究部」「自然文化研究部」に所属とあって、なんだか清子様と気の合いそうな方だなと思いました^^

清子様も自然がお好きで、鳥などの研究もされていましたよね。

スポンサーリンク

黒田清子の子供3人は現在何をしているのか?

黒田清子さんは結婚されて何人のお子様を出産されたのでしょうか?

実は黒田清子に子供がいない、子供ができない、子供は今何をしているのかについてなどの情報が飛び交っている中、子供が三人いるといった情報もありました。

しかし、実際皇室関係の過去の歴史を辿ってもまったく子供に関する情報はありません、

なので、現時点で黒田清子と夫の慶樹との間には子供はいません!

子供三人の噂は「憶測」が原因?

おそらく黒田清子の年齢からしての憶測ですでに子供3人はいるのでは?といわれていたのだと思います。

また夫になる黒田慶樹ですが、

三井住友銀行に入行していたのですが、31歳のときに退職されていて、現在は都庁で勤務されているとのことです。

年収も推定1,000万円あるといわれていますし、子供がうまれても十分に育てる費用のたくわえはありそうですよね

黒田清子

黒田清子に関する記事

黒田清子の現在の夫婦仲が悪い?夫の家柄や馴れ初め!過去に浮気を?

黒田清子の仕事や収入源!年収いくら?生活費は支度金で賄われてるの?

黒田清子が別居中で離婚に?理由は子供が出来ない?夫婦仲や馴れ初め

夫の浮気で離婚したらどうなるの?

黒田清子と夫の黒田慶樹さんの間に子供がいないとのことがわかりましたが、

近年では離婚のうわさもちらほら囁かれています

旦那さんの方が「浮気しているのでは?」ともいわれていますが、おそらく結婚されて未だに子供がいらっしゃらないことが原因ではないかと思います。

では、黒田清子がもし離婚するとなると、現在の立場はどうなるのでしょうか。

現在は一般人という立ち位置になると思いますが、元官内庁職員の山下晋司さんのお話によると、

女性皇族であった方は離婚後はおそらく皇室にはもどれないといわれています。

そのためまた皇居内に住んだりできないので、家賃などが発生する場所での生活となります。

名前も皇族にもどれないので、結婚後の名前をそのまま利用することができるのですが、旧姓に戻す旧姓がないため、名前は結婚後の姓を名乗ることになるのではないでしょうか。

ただ、皇族の女性が一般家庭に嫁ぐ際に一時金が払われます。その金額も1億をこえるといいますから、そんなに困った生活にはならないと思います。

皇族としての品格を落とさないためにあるこの一時金ですが、一時金は大きいですよね。

スポンサーリンク

まとめ〜黒田清子さんと旦那さんの今〜

2018年時点50代に近づいてきた黒田清子さん、現在の暮らしに別居中の噂もあるのですが、清子さんはきっと皇居に戻られているようにも感じます。

ただ皇族の女性が民間の一般人と暮らすとなると通常そんな暮らしはできないと思うのでまず別居は考えにくいでしょう。大問題になってそうですし、マスコミがだまっていませんよね。

そうなるとやはり黒田清子さんは旦那さんと一緒に暮らしていると考えるのが普通。子供はお二人の間にできないのも、単に「作らない」という選択肢をとった可能性もあるのではないかと思います。

あなたはいかが思われましたか?