こんにちは!

安倍総理が解散選挙を宣言していく前に、まさかの小池小百合都知事が『希望の党』を立ち上げることになり、立ち位置は“代表”であることを話しています。

また、そんな中、小池小百合氏は理想の首相には山口奈津男議員の名を出しておりました。

今後彼にさらなる注目が集まるのではないかと思い、山口議員がどんなひとなのか?

ネットでは有能・頭がいいとの評判です。息子もいらっしゃるようでイケメンだそうですが、公明党ということで、創価学会員であるのかも追及していきたいと思います。

スポンサーリンク

山口奈津男議員について

名前:山口 那津男(やまぐち なつお)

生年月日:1952年7月12日(65歳)

出身:茨城県ひたちなか市

現在:東京都葛飾区に在住。

学歴:

高校は、茨城県立水戸第一高等学校卒業。

大学は、1972年に東京大学法学部入学

1978年に法学部卒業。

経歴:

1979年 〜弁護士時代が始まる。

1982年司法修習34期を修了、東京弁護士会に登録。

1990年に、神崎武法の誘いで、東京10区から公明党公認で出馬して初当選。二回当選の経験があります。

その後、

2001年7月には、参議院議員として、公明党公認・保守党推薦で出馬して当選。

これまで3回の当選を果たしました。

2009年第45回衆議院の総選挙では、党代表を辞任した太田の後任役で公明党代表に就任。

安倍内閣と連立合意文書を取り交わし、第二次安倍内閣がほっそくしたことで山口那津男議員は与党党首と、なりました。

現在の立ち位置は、

公明党代表。

東京都本部顧問。

スポンサーリンク

有能で頭がいいって本当?

 【山口那津男党首の評判】

 〇温厚な性格で、人当たりがいい

〇政治家としての長所はないが人当たりの良さから、

『敵はいないが味方もいない』

というのが、東京の永田町周辺で差囁かれていたそうです。

【有能で頭がいいという評判がある?

ネットであげられている講演が話題になっており、公明党の山口代表の説明がわかりやすく、嫌味がない!と、賞賛されています。

有能であるのは、演説の上手いところが取り上げられているようですね。

また、弁護士をされていたことから、有能で頭がいい!というイメージがついたように感じます。

山口奈津男議員

息子はイケメンに創価学会員?

山口那津男議員の息子について調べてみると、

山口党首の家族構成ですが、

妻と娘一人・息子が二人いらっしゃるようです。

5人家族ですね。

公明党に所属している時点で、創価学会所属である可能性が高いのですが、

ネットでは、創価学会の中枢的な立場にいたことはなく、あくまで、創価学会員であるということなんです。

以前ジャーナリストの池上氏に公明党と創価学会の関係性について聞かれた際は、

山口奈津男は、『池上大作が創価学会を立ち上げたいう歴史的事実がある』ということを話していました。

このように述べてはいましたが、公明党と創価学会は連携を取りながら、政治に貢献してきたことは間違いありません。

息子さんも創価学会の会員である可能性はありますが、山口氏は積極的に学会員としての活動は見られません。

また、山口氏の温厚な性格からや人柄から、内面的にもイケメンだという評判でした。

これは、彼の世間への対応だったり、性格が関係しているのでしょうね。

息子さんはまだ、お若いと思いますが、息子さんお情報がまだ全然なくてびっくりしました。

父親が政治家ですと、息子も強い影響を受けると思いますので、これから政治家を目指すこともありうるでしょう。

まずは、山口奈津男党首のこれからの動きをしっかり見ていきたいと思います。