公明党の山口那津男議員は、『頭がいい』『有能』といった評価をされているのですが、ご存知でしょうか?

今回は山口那津男議員の家族について調べてみました!山口那津男議員の家族も創価学会員であるのか?国会議員に多い、韓国から帰化していた噂の真実、次期総理大臣の可能性にも迫ります。

スポンサーリンク

山口那津男議員について

名前;山口那津男(やまぐち なつお)

生年月日;1952年7月12日

出身;茨城県ひたちなか市

現在;東京都葛飾区に在住

学歴;

茨城県水戸第一高等学校 卒業

東京大学 法学部 卒業

家族;妻・娘一人・息子二人

身長;176センチ

趣味;音楽鑑賞

中学時代はトロンボーンを演奏

経歴;1982年 弁護士登録

    1990年 衆議院初当選(当選2回)

    2001年 参議院当選(当選2回)

現在公明党代表・同東京都本部顧問。

公明党代表についたのは、2009年9月。

党の再建のため、率先して現場を走り、第一線の声を伺うため全国をまわったといいます。

スポンサーリンク

山口那津男の家族も学会員?

山口那津男議員の家族について調べてみると、公明党は創価学会とつながりが深いのをご存知でしょうか?

家族も学会員の可能性は高いとみています。

おそらく、熱心に創価学会での活動をされている学会員さんたちは、公明党に投票することが多いといわれています。

公明党を作り上げたのは創価学会の創始者池田大作なんですよね。

山口那津男も学会員の可能性は高いでしょうが、彼の場合弁護士の経験もあって、市民の信頼やイメージがよく、あまり創価楽学会との関係はそこまで深くみられてはいないでしょう。

山口那津男の評価は、演説や説明の説得力が強く頭がいいし、有能だと評価は高いのです。

山口奈津男議員

韓国から帰化の噂の真実とは!

よくある国会議員の帰化の噂でした。

山口那津男は茨城県出身なので、帰化というのはありえませんね。

そもそもなぜ国会議員に帰化する者が多いのかも不思議ですが…

基本的に国会議員の帰化リストがネット上で公開されているため、うわさが広まってしまうようです。

次期総理大臣の可能性

次期総理大臣の可能性は現在の時点では低いとみていますが、小池小百合が記者の取材で次の首相は山口那津男議員がいいと名指しをされたことから、総理大臣になるのか?とちょっとした騒ぎになりました。

しかし、これはあくまでも小池小百合の独断であること、山口那津男議員は、小池知事の発言に

対して『都知事の職責は重い。国政レベルの政党の代表職と都知事の2足のわらじが務まるほど生易しいものではない』と公明党側はお怒りでした。

公明党はあくまでも自民党との連立で今後も政治を行っていくのですから、今回の小池知事の発言はよくわかりません。

次期総理大臣となるのが、山口那津男であると小池知事にとってそのような存在なのかも気になりますよね。

今後も政治の世界を、見極めていきたいと思います。

山口奈津男議員が頭いいし有能?息子はイケメン創価学会員【画像】

希望の党の公約や自民党との政策の違いは?原発ゼロでリセット【画像】