こんにちは!

やじ失言集とネット上にでてくるほど、失言が多いことで知られている議員、大西英男。

今回は大西英男の息子にスポットをあてていきたいと思います。

息子逮捕の真相やがん患者にやじ失言をあたえたことがきっかけで辞職の可能性もあり、現在はどのような活動を行っているのでしょうか。

スポンサーリンク

大西英男について

名前;大西英男(おおにし ひでお)

生年月日;1946年8月28日

出身;東京都江戸川区

前職;政党職員(自由民主党東京都支部連合会副会長)

所属政党;自由民主党(細田派)

大西英男の日本政治に対しての考え;

●憲法改正に賛成

●原発ゼロに賛成

●日本の核武装について、今後の国際情勢によっては検討すべきだ

●女性宮家の創設に賛成

●選択的夫婦別姓制度の導入にどちらかというと反対

スポンサーリンク

大西英男の息子逮捕の真相!

大西英男には妻と息子3人と娘が一人います。

長男は、大西英之。

次男は、大西洋平。

1978年1月生まれ、今年39歳(2017年)

出身大学は、立正大学の社会福祉部。

高校時代はラグビーで続けていたので、主将も勤めるほどの実力があります。

また、大学卒業の後は、キャノンの販売会社や東急リバブルに勤めます。

現在は、サラリーマンを経て、江戸川区議会議員選挙に出馬した後、当選しています。

そこで、なぜか息子逮捕というワードがネット上に出てくるのですが、これはどうも同姓同名の名前の人が銃刀法違反逮捕されていたことがあったようです。

なので、息子逮捕というのは、大西英男の息子ではなかったということになりますね。

大西英男

がん患者にやじ失言で辞職?

『やじ将軍』と呼ばれているくらい、やじを飛ばして問題になっていた大西英男議員。

■『がん患者は働かなくていい』といった失言が問題になり、辞職まで追い込まれていました。

この発言に関して調べていると、

受動禁煙対策について話し合った自民党の会合で、

三原じゅん子参議院議員が飲食店での受動喫煙対策の徹底を求めて、

『働きながら治療するがん患者は店を選べない』と訴えた際に大西議員が『働かなければいい』と発言したのです。

これはSNSでも炎上して大変問題になりました。

がん患者にやじをとばしたので、大西英男は、周りからたくさんの反発や批判の意見であふれかえり、

『辞職しろ』『辞任しろ』といった声が多かったのです。

結局辞職はしていませんが、どの過ぎる問題発言は、周りのひとからも心配の声が上がっていますので、政治家として、もっと意識した発言をしていただきたいと思います。