はるなつこと読む永夏子さん。彼女は女優さんなのですが、2017年に実は改名されて元々は「小林夏子」さんだったのです。

小池徹平のファンの皆さまや、小池徹平を知っている人はこのはるなつこ(永夏子)さんという名前を聞いてどんな女優さんだと思いましたか?

今回はるなつこ(永夏子)さんがいったいどんな活動を中心にして女優業をされているのか?出演作品・映画の演技力がすごいということで内容に迫っていきます!

マルチな才能でとても活発的な女優さんのようですよね!

スポンサーリンク

永夏子はどんな女優さん?

永夏子(はるなつこ)さん。

どんな女優さんかご存知ですか?

あまりメディアへの露出はすくないのですが、永夏子さんは舞台の出演作が非常に多いのですが実は素晴らしい学歴を持った賢い女優さんであることがわかりました!

簡単に永夏子さんのプロフィールを紹介したいと思います。

永夏子(はるなつこ)のプロフィール|学歴すごい。

名前:永夏子(はるなつこ)

※2017年8月3日に小林夏子⇒永夏子へ改名しています

生年月日:1983年8月3日

年齢(2018年時点):35歳

出身:東京都

身長:160cm

学歴:慶應義塾幼稚舎・中等部・女子高等学校

最終学歴:慶應義塾大学文学部

私が注目したのは永夏子さんが慶応大出身というエリートだったことです!かなり優秀な頭脳のお持ちのうえ、あの美貌はヤバイですね。

SNSでも美人すぎる!と話題となっていました。

happyhappy

ちなみに名前を「永」に変えた理由は「永遠」という言葉が素敵だと感じたことがきっかけで、「はるか」という意味のあることからです。

永遠の「永」をつけることで永遠の女優となれると感じたそうです^^

素敵な名前改名のきっかけですよね。

女優デビュー&心理カウンセラーのかけもちについて

永夏子さんの女優となったきっかけはおそらく2002年ミス慶應最終候補者に選ばれたからではないかと見ています。

wikiのほうには女優の柴本幸さんと小学校からの幼馴染だったんだとか!

そしてデビューしたの2004年。当時小説が原作のミュージカルに出演してからどんどん舞台女優としての経歴を積んでいきます。

2012年まで6年間はLDHに所属(EXILEなどが所属する芸能プロダクション)していて、その後フリーランスとして映画製作会社のBABEL LABELに所属することになりました。

現在は自ら代表取締役を務める個人事務所「office GENE」所属

一方で現在もですが心理カウンセラーとしてのスペシャリストで認知度も高まり同業者が多いということですが、永夏子さんのアメブロからも充実されている様子が伝わっています。

きっと人がお好きで人の役に立ちたい強い心の持ち主なのでしょう。素晴らしい方ですよね。

スポンサーリンク

永夏子(はるなつこ)の出演作品すごい!

永夏子さんの出演作品を見ていきましょう!

びっくりするほど出演作品がすごいですよ!

多すぎてここでご紹介しきれませんが、舞台作品が約40以上!

テレビドラマも20は軽く超えていますしCMも5つ以上出演されていました。

単にまだ有名になっていないだけでかなり幅広く様々なジャンルで女優としてのキャリアをつんでこられた女優さんであることがわかりましたね。

有名な舞台作品

  • 2004年パルテノン多摩小劇場フェスティバル出展作品「サヨナラ」
  • 2006年森永製菓主催「キョロちゃん夢ファンタジーミュージカル」
  • 2010年劇団EXILE JUNCTION #1 「Nogth Ballat」

有名な映画作品

つい最近公開の2018年7月21日「スティル・ライフオブメモリーズ」で「怜」の役柄を演じています。

こちらの映画内容は写真家の春馬の個展が開催されるなか怜役の永夏子さんが彼の写真に惹かれて、翌日彼に直接コンタクトをして撮影を依頼。

とても性的でエキゾチックなのですが、春馬には妊娠している彼女がいるのでこの男女の三角関係がめちゃくちゃ気になるところですね。

話題を呼んでいるようなので見てみます^^

ちなみに主演は安藤政信さんです^^

有名なテレビ出演作品

有名なテレビの出演作品を調べてみると、結構有りましたよ!

有名所のテレビの出演作品は、

  • イタズラなKiss2
  • 誘拐ミステリー超傑作 法月綸太郎一の悲劇(フジテレビ)

※ミステリー超傑作保脳は主演が長谷川博己さんで推理ドラマで、他に矢田亜希子さんなども出演されています。

こんな有名作品に出演されていたんですね〜!

永夏子(はるなつこ),女優

永夏子(はるなつこ)の映画の演技力もすごい!

さて気になるのは永夏子の演技力ですよね!

先ほど紹介した映画「スティル・ライフオブメモリーズ」ではヌードなどのシーンもありましたが監督など視聴者はどんな演技の評価だったのでしょうか?

実はこの作品のきっかけは監督からの直々のオファーでした!

直接キャスティングするためにプロデューサーの斉藤さんが永夏子さんの出演する舞台に直接足をはこび、舞台を見た後「映画のオーディションを受けませんか?」と声をかけてくださったそうです。

とくに何も思わずに「はい」と返事して出演を決めています。

演技の実力はどこから?

怜という役はかなり地味な印象だったため見ていた方はあとから「永さんだったの」という声も少なくなく、かなりこの怜という役柄に入り込んでいたのでしょう。

それほど演技力がある!ということでしょうね。

とにかく舞台女優ということあって、演技は申し分はなかったことは今回わかりました。やはりテレビ女優よりも舞台女優の方がなんというか度胸が付きますし、直接の監督からのアプローチとあって演技の実力は確かであることは間違いなさそうですね!

小池徹平との熱愛報道で一気に知名度も上がっていると思いますので、今後の彼女の活躍が楽しみです!

まとめ〜舞台女優はやっぱり素晴らしい〜

私が思うにやっぱり舞台で女優経験も持つ方ってそうとうな演技の実力があると思っています。

女優経験も豊富であることがわかりましたが、それほど彼女の本気度というのもわかりますし現在は個人事務所に所蔵しての活動です。

女優の名前もわざわざ【永遠】の「永」をつけていることから、永遠の女優としてこれから大きな舞台へと羽ばたいていってほしいなと切に願います。

これからも応援していますね。女優業も心理カウンセラー業も頑張ってくださ〜い!