こんにちは!

立憲民主党党首、枝野幸男が安倍政権を批判することが増え、これから第一野党としてその力を発揮していくかと思われます。

立憲民主党党首として枝野幸男は政策を実行していけるのでしょうか。

今回は枝野幸男の家族、息子の学校や嫁の両親、そして韓国人の噂の真相にせまります!

スポンサーリンク

枝野幸男について

名前:枝野幸男(えだの ゆきお)

生年月日:1964年5月31日

出身:栃木県宇都宮市

所属政党:

日本新党→民主の風→新党さきがけ→旧民主党→民主党→民進党(菅グループ・前原グループ)→立憲民主党

最終学歴:

東北大学法学部 卒業

経歴:

1988年当時24歳で、司法修習を経て弁護士となる。弁護士として東京の法律事務所に就職。

政界入り:

1993年に日本政党の候補者公募に合格。

衆議院議員総選挙に日本新党公認で、立候補。手作り選挙で初当選となった。

政治思想

自身は、『リベラル、保守である』と述べてます。

インタビューでは、

『和をもって、尊しとなす。まさに日本の歴史と伝統といったときに、一番古い、そして一貫している日本社会精神です。自由を大事にして多様な価値観やわ認めて、自由放任な自己責任論ではなくて、 お互いに支え合うことが大事。これはリベラルであると同時に保守なんですよ』

と、話しています。

スポンサーリンク

枝野幸男の息子の学校はどこ?

枝野幸男の息子の学校について調べてみますと、

まず、枝野幸男には双子の息子がいます。

1998年にご結婚されているわけですが、最初2002年から不妊治療をされていました。

4年ほどした2006年に、ようやく生まれた子供は双子。

2017年時点で、小学5.6年生なのですが、

息子さんたちが通っている学校は

『早稲田実業』だそうです。

早稲田実業学校には、

初等部・中等部・高等部と、エスカレーター式の私立ですね。

通称『早実(そうじつ)』と呼ぶそうです。

小中高一貫教育のため、早稲田大学への推薦制度もあり、高等部では、過去甲子園出場45回をされている名門校でした。

学力も高いですし、

枝野幸男の家族は、息子さんたちの教育にも大変力を入れていることがわかりますね。

枝野幸男

嫁の両親はお金持ち?韓国人の噂の真相

枝野幸男の嫁の両親について調べてみました。

枝野幸男の嫁は元CAなんです。

枝野幸男議員の4.5歳ほど年下なんですが、意外にもファッションに無頓着な枝野幸男のために、服装などのアドバイスをしていたりするそうです。

また、嫁の実家は、さいたま市の大宮区なんだそうですが、嫁の両親は弁護士なんだそうです。

しかも、叔父も司法書士という法律に詳しい方が多いご家族なのがわかります。

なので、『弁護士』という職業からして、

嫁の両親は間違いなく、お金持ちでしょう!

韓国人の噂があるのですが、これは『民団』という韓国系の組織と民進党に深い関わりがあるから、生まれてきた噂のようですね。

この事がきっかけで、枝野幸男に韓国人だったのか?という噂がはいってきました。

最初にお話した通り、枝野幸男は栃木県出身なので、まず韓国人であるわけがありません。

あとは、よくある国会議員のなかに帰化している人のリストに名前があったことが原因ですね。

枝野幸男の息子は何歳?嫁は韓国人?出身や自宅の場所【画像】

辻本清美の夫北川明は元日本赤軍?両親の国籍は韓国?帰化の真相!