2018年は大雨特別警報で多くの方に被害が出てきます。

15年に一度と言われていますが、異常気象で雨が多いことや各地で暑さも続いていますが、これらの原因は地震なのでしょうか?

また、今回は地震の影響、予兆などがあるのか?についても調べてみました。

気になる方は多いかと思います。

スポンサーリンク

2018年異常気象発生中。雨多いし暑い!

2018年7月7日九州から始まり四国、中部地方へ15年に1回と言われる大雨特別警報が発令されています。

今回の大雨でこんなに雨が降るのは何か原因があるのでは?と考える方が多いようです。


今年は大雨だけでなく、2018年大阪では震度5強の地震もあったので、異常気象に心配の声が上がっています。

暑さに関しては、毎年異常な暑さで地球温暖化が原因とされています。

各県猛暑が続く中、年々熱中症で搬送される方も増えていますのでできる対策はとっていくべきでしょう。

スポンサーリンク

雨が多いし暑いのは地震への予兆か影響はある?

心配なのは、こういった異常気象、大雨だったり異常な暑さだったりは地震への予兆や影響があるのではないか?ということです。

いろんな地震サイトを調べてみた結果、雨が多いと地震がくるという可能性は低いようです。

数値で表わせないので、説得力にかけるのですが、基本的に雨が多いや暑いというのは地球温暖化が原因というのが大きんですね。

実際に阪神大震災や新潟の中越地震、新燃岳の噴火など過去の震災被害でも雨の日には起きていません。

(もう少しご納得頂ける資料を見つけたら添付致します)

ということで、今回心配なところではありますが、雨が多いとか暑さということに地震とはとくに関係はないと考えております。山

関連記事:毎年の台風に怖さを感じているあなたへ

地震への予兆ではないけど今後が心配

個人的な意見にはなっていますが、雨が多いことや暑いのは日本だけに限っていなくて、世界中で異常気象は起きています。

地球温暖化の問題は何十年前から言われていて、実際に海水温度は上がっていることから、今後も心配なところがありますが、私たちにできることは常にニュースや警報に意識して、自分の身を守る方法、対策だけはしっかりと行なっていきたいところですね。

大雨や暑さに関して地震への影響可能性は低くとも、今後の異常気象に対して対策を取れるところは積極的にとっていきましょう。