こんにちは!

スピードスケート選手として注目を浴びつつあるのがハーフでイケメンと話題のウィリアムソン師円です。

今回はウィリアムソン師円の名前が変わっているので、名前の由来や読み方を調べてみました^^

また両親の国籍がどこなのか、兄弟の職業にも迫っていきますね。

スポンサーリンク

ウィリアムソン師円の名前の由来や読み方

ウィリアムソン師円ってかなり変わった名前ですよね。

由来を調べてみましたら、師円(シエン)という名前が1953年にアメリカ西部映画「シェーン」から名付けられたことがわかりました。

間違いなくご両親がこの名前をつけたのでしょう^^

このシエンという呼び名にするとしても漢字がどうしても当て字になってしまいますよね。

まぁ、前が変っていると、珍しいと思って注目もされますし、これからアスリートとして名前が知られていくのはいいことですよね。

北海道で育ったウィリアムソン師円はハーフですが英語は話せないようですね。

スポンサーリンク

ウィリアムソン師円の両親の国籍はどこ?

ウィリアムソン師円の両親の国籍をみていきましょう!

国籍は父親がオーストラリア。

母親は日本でした!

どうやら二人の出会いは牧場のようです!!というのは、父親がもともと競馬騎手として働いていたのです。

父親が勤務する牧場で、当時母親はその牧場の事務員をされていたと言います。

ウィリアムソン師円の父親がどうして日本に住むことになったのかも筆者としてはかなり気になるところです^^

父親はポールさん。母親は啓子さんとおっしゃいます。

特に父親のポールさんはネットでもイケメンだと話題になっていますね。

親子でイケメンと言われるなんて最高ですね^^

ウィリアムソン師円

ウィリアムソン師円に関する記事はこちら

ウィリアムソン師円の妹レミも可愛い!イケメンの父親は競馬騎手?

兄弟は何人?

兄弟が何人なのかも調べてみますと、一人の妹がいらっしゃいました!!

二人兄弟のようです。

しかも、兄と同じ母校「山形中央高校」へ通っています。

北海道を離れてスピードスケートを極めるため、スポーツ留学されたようです!!兄弟揃ってアスリート選手なんですね!

かっこいい^^おそらく兄の影響を受けて妹もスピードをやり始めたのでしょうね。

現在ウィリアムソン師円は高校卒業後には大学に進学せず、日本電産サンキョーへ入社しています。しかも2018年マススタート史上初金メダル獲得した高木菜那選手も在籍されているようですよ。

妹もかなりの実力者なので、これからの活躍が非常に楽しみです!!