モデルで女優の滝沢カレン。

バラエティ番組での出演もふえてきたのですが、あきらかに日本語もおかしいですし、ネット上ではわざと?といわれるくらい、違和感ありまくりの日本語をつかっていると話題になっていました。

今回は滝沢カレンの母親について調べてみました。

日本語がおかしい理由もわかってくるかもしれませんね!

滝沢カレンの母親については通訳がないとバレエ教室の経営は続けていけない、不可能だといわれていますが、これはどういうことなのか調べてみました。

通訳が必要な理由や、バレエ教室について、そして母親の年齢や母子家庭のうわさの真相にも迫っていきます。

スポンサードリンク

滝沢カレン生い立ち

名前;滝沢カレン

生年月日:1992年5月13日

職業:ファッションモデル、タレント、女優、バレリーナ

幼少期から洋服が大好きだったという滝沢カレン。早くからファッションの楽しさを伝えたいという気持ちはあったといいます。

渋谷でスカウトされたことがきっかけで、事務所に所属してモデル活動を開始させています。

また、2009年映画『ROOKIES-卒業ー』ではマドンナ役で出演して女優としての活動もしています。

また、ご両親は父親(ウクライナ人)母親(日本人)です。滝沢カレンが母親のおなかのなかにいるころに両親は別れたため父の顔はしりません。

スポンサードリンク

滝沢カレンの母は通訳ないとバレエ教室経営不可能?

滝沢カレンは、ウクライナと日本人のハーフということですが、

母の名前;宮沢さゆり

通訳ないとバレエ教室経営不可能という話ですが、

もともと母親はロシア語の通訳をしていました。そのため、周りは片言の日本語を話すひとが多かったこともあり、滝沢カレンは変な日本語しかできなくなったといわれています。

バレエ教室の名前『Ballet Studio RYABINA』この教室のオーナーをされています。

バレエ教室以前に、ロシア語に大変興味があった滝沢カレンの母親は、ロシアでロシア語も学ぶための留学も親に内緒で実行されていますし、ロシアから帰国後に初めていただいた仕事がロシア人の開催しているバレエ教室の通訳のお仕事だったといいます。

ロシア人が教えるバレエにも惹かれていき、バレエ教室での経営にも徐々に興味をもっていったそうですよ。

通訳をとおして、バレエ教室をオープンされたことが、今回調べていてはっきりわかりました。

通訳のお仕事をしてなかったら、きっとバレエ教室の経営もしていなかったのでしょうね

滝沢カレン

年齢や母子家庭の噂の真相について

母親の年齢についてですが、

滝沢カレンは現在(2017年時点)で24歳になります。

母親の年齢ですが、見た目だけでいくと、40代から50代の女性にであるように感じますが、詳しくは公表されていないようですね。

幼い頃に父親は母親とわかれていますので、おそらく滝沢カレンは父の顔をしりません。

母子家庭でしたので、大変苦労されて子育てされていたのではないかと思います。

スポンサードリンク