こんにちは!

2018年2月に開催されるスキージャンプに出場されて高梨沙羅選手!2014年のソチオリンピックでも日本代表女子として個人で出場した際も4位にはいっています。

20歳になってからは、本格的にお化粧をするようになってこともあり、本人も化粧はスイッチがはいるとして、ずいぶんちからをいれているようです。

そこでささやかれている、高梨沙羅選手ですが、現在激変していているとのうわさが!

どのように変わったのかといいますと、ネット上では目や鼻などが変わったことを指摘しているコメントがおおく、そのなかで『プロテーゼ』や『シリコン』を鼻筋につかっているとのうわさが!!

これは本当なのでしょうか、専門家の意見もあるかもしれないとおもい、『プロテーゼ』や『シリコン』の可能性の真相に迫っていきます!

スポンサードリンク

高梨沙羅について

名前:高梨沙羅(たかなし さら)

生年月日:1996年10月2日

出身:北海道

身長:152センチ

スキージャンプはいつから?:

はじめたのは当時小学校2年生のときから。

12歳のときには、コンチネンタルカップにも出場しています。

2010年にもオーストラリアで開催されたコンチネンタルカップで見事最年少ながら初優勝を果たしているんです。

センスがあったんですよね~。

2014年のソチオリンピックでは当時17歳。メダルを逃して悔しい思いをしましたが、2015年から16年のかけての試合では17戦14勝という勝率です!!実力がすごい!

スポンサードリンク

高梨沙羅の現在が激変!

高梨沙羅選手の現在をみていきましょう!

特に激変してきたといわれているのは2016年末から2017年にかけてのSNSでのツイートでわかりました。

目元はまちがいなくかわってきたのは、おそらく『アイプチ』でしょうね!

2016年になって先輩から化粧をならったと話しているので、徐々にメイクにはまっていったといいます。

そりゃ化粧してなかった人が急にしだしたら、印象もかわりますし、高梨沙羅選手の顔はもともと童顔で化粧栄えする顔ですよね。

女の子ってほんとに変わるから、見ているほうもうれしい♪

高梨沙羅

※スキージャンプ関連記事

葛西紀明の嫁は元ホステス?子供の名前や年齢!性別は女の子【画像】

鼻筋にプロテーゼかシリコンの可能性を検証!

ただ、目元だけならしも『鼻筋』にもなにか整形疑惑があったんです。

それが、プロテーゼかシリコンの可能性があるのではないか?ということです。

プロテーといえば、体の欠損部分をおぎなう人工物です、まさに整形ということですが、それを鼻筋につかっているのでは?という話なんですね。

シリコンもどうように同じ働きがあります。この二つの可能性を検証してみますと、

高梨沙羅選手の鼻筋って、もともまるみを帯びた鼻筋だったのですが、ここ最近の画像をみていると、その丸みを帯びた鼻筋がちょっとシャープになっているように見えるんですね。

ネットでも、この鼻筋にかんしては、整形にたいする意見がつよいのですが、

メイクの技術で鼻筋も高くみせることはできるのでなんともいえない感じです。

目元のアイプチもいわばプチ整形のようなもんですしね!!

鼻筋にプロテーゼかシリコンの可能性を検証してみましたが、私としてはメイクでの 鼻筋の高さをだしているという可能性も十分ありえるのではないかと見ています!!