田口八重子は北朝鮮の拉致被害者の1人。未だ日本にいる元夫との間に生まれてきた子供たちとの再会はできていません。

そして、北朝鮮で現在結婚されている夫は韓国人と言われています。

また噂では田口八重子は元ホステスだったと言われていましたが、本当なのでしょうか?

それでは拉致されてしまった後、拉致後の子供たちは一体どうなっているのか気になります。

子供たちは突然親を失い、誰も理解できないような寂しい辛い思いをされてきたはずです。

今回は過去の報道などから子供たちの現在の様子を調べてみました。

スポンサーリンク

田口八重子は元ホステス?

田口八重子が元ホステスだったという噂があります。

田口八重子さんは1978年6月12日に22歳の時に行方不明になりました。

当時はすでに離婚をしていて、幼い子供を抱えていたのですが、どうやら東京都内のキャバレー「ハリウッド」というお店ホステスとして働いていたようです。

このお店にいる支配人と呼ばれる男性は当時田口八重子が行方不明になった時、

「ただ店を辞めてどこかへ行ってしまったのだと思った」くらいだったと言います。

このお店ではそういうことが多く、特に拉致されたとは思われなかったそうです。

田口八重子さんの兄であり家族会代表である飯塚繁雄さんは、当時警察からこんなことを聞いたそうです。

「北朝鮮はある計画のために役立つ人物を探していたようだ」と。

田口八重子さんの何が条件にあって、拉致されたのかは今もはっきりとした理由は不明ですが、、わざわざホステスのお店に侵入してくるあたり、

綺麗な人を探していたのか、それでも田口八重子さんが選ばれたのにはきっと具体的な理由があったはずですよね。

スポンサーリンク

現在の夫は韓国人?

現在の夫について調べていると、2009年ごろにわかってきた情報では、田口八重子さんは北朝鮮で同じく韓国の拉致被害者の男性と結婚された可能性が高いと言われています。

田口八重子さんはこの男性と一緒に暮らしているのでしょうか。

また、田口八重子さんは北朝鮮に入国してから「コ・ヘオク」という朝鮮名で通していることもわかっています。

田口八重子

田口八重子さんに関する記事

【拉致被害者家族会代表】飯塚繁雄の経歴やプロフィール!妹を救いたい

田口八重子の息子と娘の現在!元夫は何してる?再婚して子供いる?

拉致被害者の現在!北朝鮮での生活の真実と帰国者は5人?【画像】

拉致後の子供たちの行方

拉致後の子供たちは、長男の飯塚耕一郎は現在家族会代表を支える立場で、今もなお母親が1日でも早く帰れるように日々拉致被害者の奪還活動に励んでいます。

耕一郎さんは当時養子として田口八重子さんの兄、飯塚繁雄の息子として迎え入れられました。

長女に関しても飯塚繁雄さんの妹の家族の方に引き取られて育っています。

田口八重子さんの息子である飯塚耕一郎、実子でないことを知ったのは当時21歳の時だったそうです。

北朝鮮の拉致問題に関してはある程度知識はあったようですが、まさか自分の母親がとは夢にも思わなかったと言います。

長年知らなかった現実に、大きなショックはあったと思います。

そこから息子さんは自分の母親を救うべく、自ら立ち上がって現在活動に関わっています。