こんにちは!

スケートのレッスン代【費用】について調べてみました!

いつから子供に習わせるべきなのか?

スケートを習わせる世間の親の職業ってなんなのかについても迫ってみたいと思います!!

スポンサードリンク

スケートのレッスン代の平均費用

スケートのレッスン代の平均費用について調べてみました。

実はフィギュアスケートで一人前に育てるために莫大な金額がかかることご存知でしょうか。

まず、このスケートを始める段階から多額のお金が必要になってきます。

一般的なフィギュアスケート教室にかかっる費用は月謝やレッスン代、リンク使用料を合わせて月に20万円以上にもなるそうです。

まずスケートの靴代5万~10万円ほど。

※しかし靴の刃の部分は傷みやすいため年間で3足は必要になっていくるといいます。

ではスケートのレッスン料の平均費用についてです。

最初にかかる費用は、

●フィギュアスケートを体験する場合 3000円

●靴 5万円~10万円

●入会金8000円~1万円

●月謝1万円~1万5000円程度が相場

●スケートリンク滑走料2万5000円(1年間)

その他、競技大会に出場したり、オリンピックなど狙う場合はフィギュアスケートクラブに参加する必要があります。

すると専属のコーチをつけてレッスンを行う必要があります。

そのコーチ専属のレッスン料金のほかに、競技会の衣装の費用、競技会の振り付けの費用などで年間50万円以上。

年間50万円の内訳は、

●専属コーチ料金5000円(1時間)

●スケートクラブのレッスン料金 15~20万(1年間)

●クラブ借り切りリンク費用 12万円~15万円(1年間)

●競技会の衣装の費用 10万円

●競技会の振り付けの費用 10万円

スポンサードリンク

スケートのレッスンはいつから子供に習わせるべき?

では、子供にスケートのレッスンを習わせるのであれば、いつから子供に習わせるべきなのでしょうか。

スケート教室は3歳からのコースがあるので、レッスンとしては3歳から習うことができるようです。

ただ早ければ早いほどスケートの上達にはいいのだそうです。

これまでのスケート選手で小塚選手は5歳、鈴木明子選手4歳、5歳くらいに始めたそうです。

小さい頃に始めれば、もっと遊び感覚でスケートを習うことができるので早いほうがいいかもしれませんね。スケーティングは体幹をきたえることができるので姿勢もよくなりますよ!

スケート場

※関連記事 本田真凛の家族!父の仕事は何?京都の自宅はお金持ち?【画像】

親の職業は何?

スケートを始める子供たちの親の職業って、どんな職業が多いのかこれまで活躍し来たスケート選手の親の職業をしらべてみました。

●羽生結弦選手の親の仕事ですが、父親は中学校の教頭先生。公務員ですね。

●本田真凛選手の父親はおそらく経営者、しかも祖父のほうはいくつもの会社を経営しており、年収億越えだそうです。

●鈴木明子選手は和乃屋というお料理屋さんを二つ経営しているそうです。

●宮原知子選手の場合、親の職業は医者です。

●浅田真央選手の親の職業は経営者である可能性が高いだそうですよ♪

このようにスケート選手の親の職業は、経営者並みの収入が多い人が多いようですね。

スポンサードリンク