こんにちは!

フィギュアスケート選手にここ数年着目していますが、有望な選手が多すぎて…特に女子はレベルが年々高くなってきているように感じます。

その中で、今回若手選手として注目されている白岩優奈。

白岩優奈の高校が両洋であるうわさがでていましたので、本当かどうか調べてみました。

また、白岩優奈の身長や体重、4人兄弟、白岩優奈以外は全員兄だそうです。両親についてもお伝えしていきますね。

スポンサードリンク

白岩優奈について

名前:白岩優奈(しろいわ ゆうな)

生年月日:2001年11月26日

出身:京都府京都市

所属:関西大学KFC

スケートを始めるきっかけ:

トリノオリンピックの荒川静香選手の演技をみたこと

当時母親が真夜中にスケートの生中継を見ていたそうで、彼女の演技が綺麗だ!やりたい!と言って2006年にスケートを始めます。

※最近の若手選手は、荒川静香選手に憧れてスケートを始めた人が多くてビックリです!

でも、私も荒川静香選手の演技をみて、スケートにとても興味が出てきたんですよね〜。

実績:

2015-16シーズン

世界ジュニア選手権4位

2016-17シーズン

世界ジュニア選手権5位

コーチ:濱田美英

※その他本田真凜や紀平梨花も濱田コーチの教え子なのです

コーチ曰く、

白岩優奈選手について、

『1回覚えたことは自分のものにできる。伸びると思っていた』

とアクセルなどの技術をつけるのに、やや時間はかかった方ですが、コーチは、彼女なら習得が遅くてもいずれ花が咲くんだと思われていたのだと思います。

スポンサードリンク

白岩優奈の高校は両洋?身長や体重は?

 白岩優奈選手の学歴をみていきましょう。

通っていた中学は、京都市立大枝中学校。

校庭にニホンザルがいるそうなので、よっぽど自然が豊かな場所にあるんですよね。

中学校は、スケートリンクまで、通うのに時間もかかるので高校は、そういった交通の便なども考えて、

京都両洋高等学校へ進学したそうです。

両洋高校に通いつつ、所属クラブの関西大学KFSCへも通っているのでしょう。

京都両洋高等学校は、男女共学の私立高校なんです。創立100年を迎えている伝統ある高校。

『人として輝く』をテーマに、ひたむきにがむしゃらに、まっすぐに。夢に向かってチャレンジする人はいつもまぶしい。

と、勉強や部活などで、一人一人輝きのカタチを引き出すことが、学校の特色として書かれています。

難関私立大学、早稲田大学や慶応義塾大学へも合格者をだしていまして、進学にも熱心に取り組んである学校だと思います。

白岩優奈の身長;150㎝

体重;育ち盛りで体重は変動しているそうです。また、太りやすいともいわれていて、体型はよくかわるそうです。はっきりした体重は分かりませんが、45キロ前後でしょうか。

白岩優奈

4人兄弟で両親は誰?

白岩優奈の兄弟は4人兄弟だとご存知ですか?

しかも、白岩優奈は一番下なんです。

3人ともにお兄さん

これは、テレビ番組の特集でお兄さんが3人いることがわかったそうですよ。

兄3人の妹一人。きっと可愛がられているのではないでしょうか。

また、両親についてですが、情報がまだあまりなくてわかりませんでしたが

『優奈』という名前は、オオハマボウという花の別名が『ユウナ』といい、その花の名前からとったそうです。

両親は、お花がおすきなのでしょうかね。

可愛らしい名前で羨ましいです!

スケートを習い事としてつづけるには、家族のサポートなしには続けていくことは非常に困難です。

スケートリンクまで遠いですし、スケート靴なんで10万円するのは当たり前。お金がかかる競技ですから、両親は全力でサポートしてらっしゃると思います。

両親がどんなお仕事をしていているのかも気になりますね。

また、わかり次第追記していきます!

白岩優奈ちゃん、これからもスケート頑張ってくださーーい!

スポンサードリンク