2017年6月17日に最初のローラのツイートに『ローラ最近裏切られたことがあって心から悲しくて沈んでるんだけど、私は人に絶対にしない。頑張って立ち向かってたくさんの人にハッピーをあげたい。頑張る。待っててね!』といった内容。

この内容に、『ローラは誰に裏切られたの?』とはっきりとは名前は明かしていません。

そんな意味深なツイートが発信してから、心配の声が寄せられていました。そこで判明してきたのが、ローラの所属事務所社長である羽布津社長です。

彼はいったいろローラに何をしたのでしょうか。そしてこの社長がローラがつぶやいていた『黒い心を持った人』なようなのです。ローラの裏切った相手の真相に迫ります。

スポンサードリンク

ローラの意味深ツイート内容

 ローラの意味深ツイートが始まったのは、2017年6月16日に始まり、話題になっていました。

『10年以来の信頼を返してください』

『黒い心を持った人とは絶対一緒にいたくない』

→これは事務所社長羽布津を示しているそうです。

ローラにとって、この社長は芸能界入りの恩人。これまで、事務所社長にとっては、事務所躍進の立役者だったが、この10年間2人は喧嘩を繰り返してきたそうです。

今回のローラ主張の裏切った!という原因は、この社長羽布津にあります。

以前から原因の一つとして、ローラは、感情を素直に表に出すタイプ。一方社長は、タレントの私生活まで何とか管理しようとしてしまうところがあり、ローラはその度に反発。

これまで何度も喧嘩をしてきています。

そんな中に、長年担当していたマネージャーが一昨年退社。二人の間をやわらげてくれる存在だったそうです。

そして、一番の原因は、ローラの知人が語ってくれました。

『最近ローラが信頼していた女性スタッフが辞めさせられています。これでいままでのつもりに積もったものが、爆発したのでは?「なんで勝手に?」とひどく怒っていましたから。でも今ではいくら怒っても、外に発信することはなかっのに・・・』

と、Twitterにまで自分の、気持ちをあらわにしてきたことが、ローラの最大の感情表現であり、隠せなかった真実なのかもしれません。

スポンサードリンク

ローラの所属事務所社長の羽布津ってどんな人?

 ローラと長年喧嘩してきた所属事務所の社長は、まだまだ若手の羽布津 康史【はふつ】。

40歳手前の若手社長。

【LIBERA】株式会社を2005年12月に設立しています。

事業内容は、タレントやモデルの発掘や育成を主に行っています。

所属タレントとしては、ローラの他に、ダレノガレ明美や藤井サチがいます。

総勢12名のやや小さめな事務所のようです。

羽布津は、大学時代にボディビル大会の出場経験のある、ムキムキマッチョの男性です。

ただ、タレントの私生活まで管理をしていたという点に関しては、度が過ぎていますし、勝手にマネージャーを辞めさせるのはひどい!と思います。

た今回の騒動は、かなり大きく取り上げられているように感じます。

ローラ

大手事務所に移籍?

 現在、ローラは大御所先輩、『芸能界のパパ』堺正章に助けを求めているそうで、近いうちに大手事務所に移籍する流れが徐々に作られているそうです。

事務所社長との大喧嘩の末の決断。もう元に戻れないようですね。

年内にも所属事務所から移籍する方向で挑戦されいるようです。

堺さんとローラはバラエティ番組『世界一受けたい授業』で出演して以来、5.6年の付き合いになるそうです。

ローラの実父が14年に詐欺事件で逮捕された時も、堺さんを頼りにしていたとか。

堺さんのサポートをうけて、大手事務所に移籍は濃厚ではないかと思われます。

まだハッキリとした日程は不明です。

スポンサードリンク