こんにちは!

前原代表が辞任して、民進党の新代表に選ばれたのは大塚耕平です。

大塚耕平は誰なんだ?という、まだ認知度の低い政治家ではあります。

今回は、大塚耕平の政策や評判を調べてみました。

11月に代表に就任したのですが、メディアで出演した際ネット上での評価は無能だともいわれていました。いったいどんな政策について語ったのでしょうか。

また、大塚耕平の学歴やプロフィールについて詳しくお伝えしていきます。

スポンサードリンク

大塚耕平のプロフィールや学歴

名前;大塚耕平

生年月日;1959年10月5日

出身;愛知県名古屋市

学歴;

愛知県立旭丘高等学校

早稲田大学 政治経済学部 卒業

職歴

日本銀行 入行

※2000年に在職中に早稲田大学大学病院社会科学研究科博士課程を修了し、博士号取得

政界入り;

2001年参議院議員通常選挙 愛知県選挙区から民主党公認に出馬 初当選

2007年 参議院議員通常選挙 再選

2009年9月 鳩山由紀夫内閣にて内閣府副大臣 就任

2011年1月 厚生労働副大臣

2013年  参議院議員通常選挙 民主党公認出馬で3回当選してきた

2016年 民進党次の内閣で財務・金融担当就任大臣

2017年10月31日   第4代民進党代表 就任

スポンサードリンク

大塚耕平の政策や評判は無能?

大塚耕平の現段階の政策や評判はどうなのでしょうか。

全国的に多かったこえは、大塚耕平の知名度が低いためTwitterなどでは『誰?』『知らないな』といわれていました。

ただ、メディアに出演した際に

『小池氏は初の女性首相候補だと思っている』という言葉が波紋を呼んでいました。

そもそも小池氏に無能だという声が上がっていて、やはり希望党の支持率低下や『排除する』の発言は大きく評判が悪くなりましたよね。

その無能である小池氏を支持するのは大塚耕平が無能だというこだと一部の国民の声がありました。

その他、

大塚耕平が共産党との協力に関して、

『なかなか難しい意見がこれまであった』ということもあり、立憲の躍進と共産党が果たした役割を全く理解していない、無能な政治家だわ。といったツイートもあります。

ただ、無能だという評判もありますが、

◆日銀出身で頭がいいのは確か。鳩山内閣の金融大臣となった亀山静香が政権とはまるで逆の立場の発言を繰り返し行っていたときの、それを払拭すべく内閣副大臣として知識で何とか加盟の発言を無理やり正当化させようとテレビで頑張っていた。

◆テレビでは発信力が強い方だという印象。

◆予算委員会での質問をつぶさ拝見して、見識の高さと論理性に感服しました。

とこのように高評価もありますので、これから大塚耕平の政策の考えをもっと具体的にだしていけば、彼の場合、とても行動力のあるかたですので、国民の評判はすぐにあがっていくのではないでしょうか。

大塚耕平

帰化の真相!!

大塚耕平が帰化していることがささやかれていますが、

このきっかけは調べてみますと、2015年安保特別委員会採決の最終時ひどい形相で国会職員を座らせて何度も何度も机を強く叩いて『メモだせ』と脅迫していたそうで、そのことがきっかけで帰化しているのでは?といわれていました。

しかし、はっきりした証拠もございませんし、大塚耕平は愛知県出身で両親は父が愛知県の宮市木曽川町出身で母親が新潟県燕市又新出身ですので、帰化した可能性は低いとみています。

スポンサードリンク