2017年8月28日世界選手権バトミント女子シングルスで見事優勝しました奥原希望選手。15センチという低身長にかかわらず、つねに強い精神力あきらめないど根性をみせてくれた素晴らしい決勝でした。2020年に開催の東京オリンピックにむけてさらに注目が集まるかと思われます。

今回は奥原希望選手の現在の世界ランキング(世界ランク)や年収について、今1位は誰なのか調べてみました。

スポンサードリンク

奥原希望選手について

名前;奥原希望(おくはら のぞみ)

生年月日;1995年3月13日

年齢;22歳

出身;長野県

身長;156.3センチ

利き手;右利き

バトミントンを始めたきっかけ;小学校2年生の時に、父と兄の影響でバトミントンを始める

小学校の成績;全校小学生バトミントン選手権大会・女子シングルスベスト8

中学の成績

全日本ジュニア選手権大会・中学1年生で新人部門シングルベスト8・中学2年生ではシングルス優勝・3年生ではジュニア部門シングル2位

高校の成績;

全日本総合バトミントン大会ベスト16

怪我;これまで2度のケガでバトミントン人生を終えようとしていた奥原選手。1度目は、2013年左ひざの半月板を損傷後に手術を受ける。2度目は2016年疲労蓄積のため、右肩があがらなくなったのです。

肩の痛みに関しては疲労からの身体のゆがみが原因で右肩に激痛があり、当時試合中に途中棄権というかたちになりました。そこから、フォームを変えることになり今回これまでの練習の成果が発揮され見事優勝を勝ち取ったのです。

怪我になやまされながらの彼女の精神力は本当に素晴らしいですね。あきらめない精神に心打たれました。

スポンサードリンク

世界ランキングは何位?年収はいくら?

奥原希望選手の現在の世界ランキングについて調べてみましたところ、現在12位(2017年8月24時点)に浮上しています!

バトミントン世界ランキング・女子シングルス

怪我などもしていた彼女が世界ランキング12位まで上げてきたのは奇跡にも近いような成績だと思います。

1位を目指したらてに届く範囲にいるのは間違いありませんし、今回の優勝で沢山の国が彼女に注目するでしょう。

気になる年収ですが、高校卒業後2013年に日本ユニシス会社に入社していまして、こちらの会社はメインは“IT企業”になります。

●クラウドサービス

●ネットワークシステム

●販売

●賃貸

●ソフトウェア開発   などをメインとした事業内容。

社員の年収(IT関係の平均年収比較、2015年時点で平均694万円となりますので、年収600万円はもらっているのではないかと言われています。

奥原希望、バトミントン

現在の世界ランキング1位は誰?

では、現在世界ランキング1位はだれになるのでしょうか。

調べてみますと、世界ランキング1位は、台湾のタイ・ツーインさん。

生年月日は1994年6月20日。

身長163センチの63キロ。

強靭なフィジカルと球際の強さは世界トップクラス。追い込まれても積極的に勝負ににでてくる精神的にも強靭なプレイヤーです。

現在世界ランキング2位は日本の山口茜選手となっており、2017年4月30日に行われたバトミントン・アジア選手権でタイ・ツーイン選手と対戦しており2-1で優勝しています。

ただ、2位につけている山口茜選手もかなりの実力者だとわかりましたので、バトミントン界にこれまでにない強者揃いとなってきているのだと実感しました。

日本女子が世界ランキング1位に輝く日はそんな遠くない未来にやってきそうですね!!これからも彼女たちの活躍をたのしみにしていましょう!

スポンサードリンク