こんにちは!

無所属の代表である岡田克也はごご存知でしょうか。

以前岡田克也は目の手術をしていましたので、今回岡田克也の病気や病名について調べてみました。

手術したのはいつだったのか、すでに完治はしているのかについてもお伝えしていきます。

また、現在の病状どうなのでしょうか。

スポンサードリンク

岡田克也について

名前;岡田克也(おかだ かつや)

生年月日;1953年7月14日

出身;三重県四日市

家族;嫁・息子二人,娘一人

学歴;東京大学法学部 卒業

前職;通商産業大臣官房

学生時代;

三重県四日市の公立の小学校・中学校に通い、卒業した岡田克也ですが、小学校では児童会会長を務め、中学校ではテニス部に所属していました。

政界入り;

桑名市と四日市市を地盤としていた竹下派所属の山本幸雄の後継者として出馬。

竹下登と財界との関係でつながりの深かった父岡田卓也を通じて打診。

自由民主党竹下派の新人候補として出馬をしました。

当時36歳で中選挙区の三重1区から1990年に衆議院総選挙に出馬して当選します。

スポンサードリンク

岡田克也の病気や病名は何?手術はいつ?

岡田克也は目の病気を患っており、これまでも2度の手術をしているようです。

病名は【網膜剥離】もうまくはくり

網膜剥離という病気は、目の病気になります。

この病気は、眼球の内側にある網膜という膜が剥がれて視力が低下する病気で、網膜は目の中にはいってきた光を刺激と受け取り、脳の視神経に伝達する組織。

網膜剥離にもいろいろな種類があって、視野にふわふわしたゴミか蚊のような影がみえたりする【飛蚊症】や視野の隅に稲妻ような光が走る【光視症】といって、網膜剥離が原因でなる病気でもあります。

岡田克也が手術したのは、最初が2014年12月26日です。

手術のため、入院もしていました。

めが疲れやすくなる40代は特に目の悩みが増えてきていて、年のせいとおもい、ほおっておくと目の見えづらさはあとあと、失明などの危険もあるので、非常に気を付けておく必要もありますね。

また、2015年に網膜剥離は再発のため、再度東京都内の病院に入院して、緊急手術をうけています。手術したのはこの時も『左目』です。

この病気で怖いのは失明の危険があることですね。

この病気は自然治癒しないので、必ず手術をする必要があるといいます。

こちらの記事も参考に

岡田克也の現在の嫁!息子は何人?イオンで仕事してる?【画像】

岡田克也

完治しているの?現在の病状について

岡田克也の病状は完治ているのか調べてみますと、現在は病状についてはネット上では語られていませんでしたが、網膜剥離は自然治癒は難しい病気でありますし、1度再発もしていますので現在完治しているかはわかりませんでした。

失明することもある網膜剥離という病気は、基本的にレーザー治療で治るそうです。剥がれていない部分にレーザーを照射してくっつけ、進行をとめるというものです。

できるだけスマホやPCなどの使用をさけて、めに負担をかけないようにするのが大事なようですね。

スポンサードリンク