2017年北朝鮮が8月末に予告なくミサイル発射したことから、日本そして世界情勢に伴う大きな流れが今きていますね。

9月に入って、アメリカや日本、ロシアや中国もがこの北朝鮮の脅威的な行動に対して、北朝鮮へ国際的な制裁を行っていく方針であることが分かりました。

瀬腕に国連安全保障理事会で北朝鮮に石油の規制が決議され、中国やロシアも賛成。さらに圧力が進んでいます。

そんな中、北朝鮮に石油停止をするとなるとどうなるのか?と気になる声も上がっていましたので調べてみました。主な輸入先はロシアや中国だといわれています。また備蓄は北朝鮮にあるのでしょうか。さらに北朝鮮は追い込まれていますが、今後どういった反応をみせてくるのでしょうか。

スポンサードリンク

北朝鮮へ石油停止する理由

今回に11回目の核実験を行う北朝鮮でしたが、日米は北朝鮮に【全面石油の禁輸】を求めていましたが、国連安全保障理事会により初めて石油の規制に踏み込み、新たな動きを見せました。

これは

北朝鮮の核ミサイル開発の資金源を断つために行っています。また、外貨収入源の締め付けを強化したり、北朝鮮の主な輸出品である繊維製品は全面輸出禁止となっています。

さらに、海外で働く北朝鮮労働者の受け入れも原則禁止と、積み重なる制裁、禁止されることが多くなる一方。

北朝鮮はこう述べています。

今回の出た決議にたいして、北朝鮮は拒否。アメリカに『最大限の苦痛を与える用意がある』といっています。

北朝鮮は怒りに満ちているのではないでしょうか。

自分たちのやりたいことができなくなることから、そんなことしていいとおもっているのか!といった上から目線を感じずにはいられませんね。

スポンサードリンク

北朝鮮に石油停止したらどうなる?輸入先はロシアや中国!

実際、北朝鮮に石油停止となればどうなるのでしょうか。

石油といったら、ガソリンですが、

現在北朝鮮は、年間150万〜200万トンの原油などを輸入しているのですが、90%以上は中国に依存しているといいます。

※北朝鮮は中国から繋がる大きなパイプラインを通じて輸入

現況、北朝鮮は中国に頼らないと、ガソリンなどの資源は得られないんですよね。

また、今回の決議がでて、平壌市ではガソリン不足が発生。

ガソリンの価格が急騰してしまったようです。

北朝鮮は、これに対して備蓄するなどの対策はとっているようですが、どうなるのでしょうか。

金正恩政権は、政府閣僚の車両へのガソリンも制限、不足分は民間業者から補うことになっており、石油停止の規制はかなり北朝鮮へのダメージは大きいと思われます。

 一部報道では、このまま中国石油停止とすることになれば、

北朝鮮は、核実験に必要な資源は確保出来ず、もちろんミサイルの兵器をつくることはできなくなる可能性は高いとみられています。

また、現在ロシアが北朝鮮へ石油供給はごくわずかとはなしており、ロシアと北朝鮮の関係にも大変注目が集まっている状況です。

石油

北朝鮮に備蓄はあるの?

北朝鮮は、すでに今年4月に石油100万トンを確保する目標を立てていたことが分かりました。

これは、北朝鮮の年間石油製品輸入量の半分から3分の2にたっする量です。

相当蓄えてますね。

自国の先を見ていたのか、すでに対策をとっていたようです。

このことをしって、さらに北朝鮮はミサイルの核実験に活発的な動きをみせるのではないかというのが私の予想です。

北朝鮮は、予測不能な動きをしてきますので、隣国(ロシア・中国・韓国)は特に北朝鮮に対する対応は慎重になってしまうのではないでしょうか。

一番きつい制裁。石油の停止。

北朝鮮はアメリカに対して、今後どのような対応を見せてくるのでしょうか。

ミサイルの目的は何のために?今後アメリカは北朝鮮にどう対応する?

ミサイル時の避難方法!自宅のお風呂は安全?落下後の被害範囲は?

ミサイル時子供が学校にいる時対処法は?避難して安全?休校になる?

ミサイル時の避難方法!家やマンションの人の逃げ場所はどこに?

Jアラートが鳴らない!ミサイルの地域による?スマホでの受信方法

ミサイル時の避難場所や必須持ち物!政府の対策や避難方法は地下へ?

スポンサードリンク