こんにちは!

日本の国民的アイドルとしても有名な西野カナ。

特に若い世代に絶大な人気を誇り、共感を得る歌詞が印象的ですよね!

今回は西野カナの父親について調べてみました!父親との関係に話題が集まっているのはなぜでしょうか。

ネットでは父親が経営する会社名は日本土建という話まででています。父親の名前や財界では有名な住吉会系とは本当なのでしょうか。

西野カナの父親について詳しくお伝えしてきますね!

スポンサーリンク

西野カナについて

名前;西野カナ(にしの かな)

生年月日;1989年3月18日

出身;三重県松阪市

学歴;三重高等学校卒業

名古屋市内の大学文学部 卒業

生い立ち;

幼いころから海外生活に興味をもっていて、小学校5年生の時にグアム、高校1年生ではロサンゼルスでホームステイをしていました。

帰国後には母の知人に師事して民謡を習い始めます。

2005年当時16歳の西野カナは角川映画とソニーミュージックアーティスツ・フェニックスに母親が応募したことがきっかけで、応募数40000人の中からその歌声は見出されました!!

高校の3年間はボイストレーニングなど、津軽民謡をならい必死に歌声に磨きをかけていたそうです。

2006年にSME Recordsと契約を結んでいます。また、デビューするための準備として、英文学を学ぶため大学に進学もしました。

最初はメジャーデビューシングルとして『I』を日米同時に配信。

スポンサーリンク

西野カナの父親の会社名は日本土建?

西野カナの父親に関しては、『お金持ちである』という噂がありました。

両親に関しても情報は少ないのですが、

とくに父親の存在に関してはタブーのように隠されているんだとか。

これについて深堀りして調べてみますと、

西野カナの母親と父親の関係性。内容は西野カナさんは『婚外子』であるということなんです。

つまり、実質西野カナの父親は母親の再婚相手ということになりますよね。

また、西野カナの情報として多いのは、父親は中部地方の建設会社を経営しているという情報があります。

この建設会社の名前を調べていきますと、『日本土建』という会社名がでてきましたが、この会社名はただ三重県で有名な建設会社ということで、予想がたてらえたのだと思います。

西野カナ

父親の年収や財界では有名な住吉会系って本当?

では、お金持ちといわれている父親の年収にせまります!

これは父親がお金持ちである広がっていたのが西野カナがデビューした当初に大手企業が1億円だしたという話からすると、

おそらく、年収は億は余裕でこえていると思います。

財界で有名な住吉系というのは、闇の世界の大物ではないかということ。

住吉系とは闇組織の人たちのことを指すようですね。

財界でも知られているということですが西野カナの父親に関しては、とにかく

『経営者』『お金持ち』ということは間違いなさそうです!!

おそらく血がつながっていことというより、大物すぎる父親を公表されたくないのかもしれませんね。