みなさん、熱い恋愛映画が、この秋公開されますよ!!

恋愛小説『ナラタージュ』が実写化され、主演はジャニーズの嵐の松本潤。そして、女優の有村架純の二人の禁断恋愛ストーリー。

2017年10月7日に全国で公開されます!!

一生に一度の恋。私には、あなたでした。

最近この二人のラブシーンに反響があり、いったいどんなシーンがあるのか、ストーリーの内容とキャストに神木隆之介も出演するのか?撮影場所や二人のキスシーンについてさらに詳しく探っていきたいと思います!!

しかも、びっくりしたのが、あの大ヒット映画『世界の中心で愛を叫ぶ』の監督 行定勲。これは、かなり見ごたえ十分な作品ではないでしょうか。

スポンサードリンク

ナラタージュの意味と映画内容

ナラタージュの意味は、語りや回想で過去を再現する手法するという意味。

映画『ナラタージュ』はもともと恋愛小説から作られた実写化されたもの。

2005年に島本理生が恋愛小説を発表して、2006年には「この恋愛小説がすごい!」の1位を獲得しています。話題性抜群のみんながはまる恋愛映画となっているのではないでしょうか。

まさに恋愛の王道!恋してはいけない人に恋をして、三角関係までも描く切ない禁断ラブストーリーになっています。

簡単な映画内容

葉山 貴司(演劇部の顧問、既婚者)が大学2年生の工藤泉を誘い、母校演劇部の卒業公演に出演することになります。実は、泉が高校時代にクラスになかなかなじめず、いつも気にかけてくれる高校教師葉山先生に片思いをしていたのです。

当時、二人は間違いなく互いに惹かれあっていたのですが、高校教師と生徒という関係からそれ以上距離は縮まることはありませんでした。

しかし、この卒業公演から再会を果たした彼らは、互いの思いを抑えきれず、いけないとわかってはいても狂おしいほどの愛へと、流れは急展開を迎えていく映画になっていきます。

その中、泉に想いを寄せる小野玲ニが登場。一度は泉と恋人同士になるものの、嫉妬が激しくなり徐々に二人の関係は壊れていきます。

三角関係と好きになってはいけない二人の関係が絡み合う、非常に切ない純粋な恋愛模様が描かれたストーリーです。

スポンサードリンク

キャストに神木隆之介出演?

キャストに神木隆之介が出演するうわさがありました。

確認しましたが、公式ホームページにも神木隆之介についての出演に関してはのっていませんでした。

調べてみますと、昨年2016年7月10日頃、富山県高岡市の伏木高校で松本潤と神木隆之介の目撃情報があったことから、このナラタージュに出演しているのでは!?という情報がでてきてしまったようです。

メインキャストを改めて調べてみますと、

★生徒を愛してしまった高校教師(葉山 貴司)ーーー松本潤

★禁断の恋におちる大学生 (工藤 泉)----有村架純

★泉に想いえお寄せる大学生(小野 玲二)----坂口健太郎

この3人の様々な恋愛模様が映画では、いったいどのように表現されているのか、とても楽しみですね。

ナラタージュ、映画、恋愛小説

撮影場所とキスシーンについて

ナラタージュの撮影場所は、富山県高岡市。

歴史ある住宅が並ぶ金屋町でロケが行われています。金屋町は、高岡でも最も古い町で、格子造りの家が立ち並び、石畳が調和した大変美しい通りです。

また、富山県射水市の新湊内川もロケがあり、日本のベニスと呼ばれ、観光名所のうちの一つとなっています。

大学での撮影は、富山大学の五福キャンパス。松潤も目撃されており、重要な撮影場所なっていたのではないでしょうか。

メインは富山県で撮影があっていたようですね。

最後に、キスシーンですが、最近もかなり話題になっています。

このシーンは浴室で二人ともびしょ濡れの状態でした。このバックで流れるのは、「アヴェ・マリア」

泉は泣きそうな顔で泉と葉山が手を重ねあう姿は、切なすぎます!!

ストーリー内容から、葉山のアパートに訪れている可能性が高いです。二人の思いが抑えきれなくなった瞬間なのかもしれませんね。

禁断の恋の切なさを見事に演じている彼らの映画が早く見たくなりますね!!

スポンサードリンク