こんにちは!

2018年のパラリンピック出場で銀メダル獲得の村岡桃佳選手、本当に素晴らしい結果を残されましたね!

おめでとうございます^^

今回はインタビューでも答えてあった、父や家族の存在について調べてみました。

なにやら調べると、村岡桃佳選手の父親がイケメンではないですか!!職業ですが自営だそうですよ^^

どんなお仕事をされてるのか、そして母親の操も美人だと話題になっていました

スポンサーリンク

村岡桃佳選手の父親がイケメン!画像

村岡桃佳選手は4歳の頃に、、原因不明の病気でとつぜん歩けなくなりました。

当時スーパーの帰り、足の重たさを感じてから家に着く頃にはそばにいた兄の背中におぶってもらっての帰宅。

急な車椅子生活となったのですが、そこにはいつも父親の存在、家族の存在がありました。

父親は娘である村岡選手と同じ車椅子にのって小学校低学年のうちからスポーツ大会に参加するようになったんです。

当時はこんな感じで親子で参加されていたようです。

村岡選手の父親の名前は村岡 秀樹さん

生年月日:1969年4月5日生まれ

村岡桃佳と父

と、よく見ると、、父イケメンでは??

とてもお若いというのもありますが、イケメンパパで一緒に競技に参加してくれるなんて素敵な親子愛ですよね。

そして、村岡選手が銀メダルとった時も、もちろんそばで応援していました。その時村岡選手の父親は涙を流していたんです。

村岡桃佳選手の父

過去ソチオリンピックでは5位という結果だったからこそ、今回の競技には嬉しさより苦しかったことを思い出してしまう、と村岡選手の父親は答えています。

当時はまだコーチなどつけていなかったようで、それまでは村岡選手の父がずっとチェアスキーの練習に付き合っていました。

スポンサーリンク

職業は自営?家族の絆の強さ

父親の職業を調べてみますと、水道関係の自営のお仕事をされていている方でした。

父親に関しては全くスキーのことは知らなかったそうで、当時かなり苦労されていたようです。

それでも幼少期から幼い娘の村岡桃佳選手と共に障害者スポーツに積極的に参加され、これまで必死に支えてきたのです。

村岡選手は中学校二年生になって「パラアルペンスキー」に出会っています。

なんと、現在パラアルペンスキー女子日本代表でエース!!世界ランキング4位なんです。

お仕事の合間に村岡選手をスキー場へ連れて行ったり、おそらく多忙な生活をされていたとは思います。それでも娘のためを思ってできる限りのサポートをされてきたんだな、という父の大きな愛を感じますよね。

村岡選手が「父のおかげで強くなれた」と話していたこともすごく印象に残っています。

また、父だけでなく母親ももちろん応援に駆けつけています!!

村岡桃佳選手に関する記事

村岡桃佳の出身中学や高校!早稲田大にスキー部?障害を持った原因は?

母の操も美人!旗で応援!銀メダル獲得!

村岡選手の母親の名前は「操」さんです。

村岡 操さん。現在46歳です。

ゴールの地点近くで声を張り上げて「桃佳ーーー」と応援をしていました!!

滑る終わるまで、しっかり見守り、今回銀メダルを獲得され「「そばに行っておめでとうといってあげたい!」と母も大喜びの様子です。

操さんも、とても美人な方でした。

あともう一人の家族「兄」の存在が気になるのですがおそらくどこかで応援はされているでしょう^^

大学の寮をバイアフリー化の工事中も度々操さんは実家深谷から大学に訪れ、寮内でスムーズに車椅子を動かし、快適な生活ができるかどうかの確認に行っていたのです。

母親もこうやって、娘の桃佳さんが大学でスキーを楽しく学べるようにサポートされていたんですよね。本当に素敵な家族に恵まれています^^

村岡桃佳選手、今後の活躍も期待しています!!

銀メダル、本当におめでとうございます!!!