こんにちは!

プロゴルファーとして活躍中の宮里藍選手のお兄さん、宮里勇作さんはご存知でしょうか。

宮里一家兄弟はみんなプロゴルファーとして活躍中ということでも有名ですよね。

今回は宮里優作の嫁との結婚はいつされたのか、子供は何人いるのか。そして現在の年収や生涯獲得金はいくらなのか調べてみました。

スポンサードリンク

宮里優作について

名前;宮里勇作(みやさと ゆうさく)

生年月日;1980年6月19日

出身;沖縄県国頭群東村

学歴;東北福祉大学 卒業

家族構成;両親・兄(宮里 聖志)・妹(宮里藍)

ゴルファー一家で、父親の教えがあり、3歳のことから習い始めました。

これまでのゴルフの成績;

父の優さんからの特訓の成果もあり、ジュニア時代からたくさんのタイトルを獲得。東北福祉大学に在学中にプロツアーに参戦して、三井住友VISA太平洋マスターズや・アジア・ジャパン沖縄オープンゴルフトーナメントの2位タイなどと活躍。

2002年12月にプロ宣言をして、2003年に、宮里優作はプロデビューしました。

プロに転向して1年目はJCBクラシック仙台で2位に入りますが、なかなか優勝まで手が届かずですが、2006年8月にアメリカPGAツアー・リノタホ・オープン第2日において1ラウンドで2回のホールインワンを達成。史上2度目の快挙になりました!!2013年にはプロになって11年目となり、当時33歳で悲願のツアー初優勝をメジャー大会で飾っています。

スポンサードリンク

宮里優作の嫁との結婚はいつ?子供は何人?

宮里優作の嫁といつ結婚したのでしょうか。

しらべてみますと、2007年に元モデルであった小川紗千恵(おがわ さちえ)という方とご結婚されているようです。

馴れ初めなどの詳しい情報は出てきませんでしたが、どうも当時選手会の社長さんである方からの紹介で知り合ったそうです。

約3年間の交際をされてのご結婚となったそうで、紗千恵さんは名古屋市のモデル事務所に所属されていて、かなりの美人さんなんだとか。

また、子供は何人いるのかについてですが、

2人の子どもがいるようです。

宮里優作の長女は宮里 葵杏(みやざと らん)と長男の宮里優吾(ゆうご)の二人。

ふたりとも父親の宮里優作のゴルフツアーに応援にきていたり、家族とても仲良く暮らしているようです。

2人の子どももすでにゴルフの練習はされているのかもしれませんね。

年齢は、まだ小学生くらいの年齢だと思います。

宮里優作

現在の年収や生涯獲得金

近年の年収や生涯獲得金についてですが、

賞金ランキング(獲得金)

2014年(当時34歳)

7位 獲得賞金は64,299,792円

2015年(当時35歳)

2位  獲得賞金は103,999,119円

このように賞金の獲得金額は大変高いんですよね。

年収は億単位の収入になっているのではないでしょうか。

プロゴルファーの世界はすごいですね!100位までの平均でも3000万円前後です。

これだけの収入があれが4人家族安心して暮らせる金額ではないでしょうか。