こんにちは!

宮部藍梨選手の妹もバレー選手だってご存知でしたか?

2018年の春高バレーでは強烈なスパイクを何度も決めて圧巻の勝利を納めていますよ!!

今回は姉の宮部藍梨について調べてみました!

高校時代は春高で話題になり、シニアデビューしていたわけですが、現在はどのようにバレーをされているのでしょうか。東京オリンピックに日本代表として期待されている選手です!

報道では大学を退学、留学もされているそうなんです。現在の活動と今後の進路についてもお伝えしていきますね。

スポンサードリンク

宮部藍梨について

名前:宮部藍梨(みやべ あいり)

生年月日:1998年7月29日

出身:兵庫県

出身大学:神戸親和女子大学

身長:181センチ

体重63キロ

ポジション:WS

バレーのきっかけ:

友人からのさそいで小学校3年生からはじめたバレーボール。中学生にはやめようとしていたときもあったとか。

しかし中学も続けた藍梨選手は2013年末にあった全国都道府県対抗中学バレーボール大会でもっとも将来有望な選手に与えられるというJOC・JVAカップを受賞。

2014年に金蘭会高等学校へ入学してすぐに、2020年のオリンピックにむけた全国女子8人の日本協会集中強化対象『Team CORE』のメンバーに一人に選ばれています。

なにがすごいって高校生で全日本メンバーに選ばれて、ワールドグランプリに選出されたからんですよね!!

スーパーバレーボール女子の誕生ですよ!!

スポンサードリンク

宮部藍梨は怪我で全日本引退?

宮部藍梨は金蘭会高等学校を卒業して、神戸親和女子大学に入学していますね。

高校二年生で全日本メンバーのひとりに選ばれた宮部藍梨選手。

2015年にイタリア戦でシニアデビュー代表としてデビューしたのですが、当時の状況を調べてみると世界最終予選兼アジア予選の直前合宿にはよばれたのですが、大会のメンバーからははずされます。

2016年にはグラチャンにもでていないとのことで、怪我なのか?とネットでも心配の声が上がっていました。

調べていると、怪我というより現在も成長しつづける骨や筋肉関係に問題があるようでした。

まずひとつは『腰痛』です。ヘルニア?かどうかはわかりませんが、慢性的な痛みがあるとの情報がありまして、これに関しては病名などは特に公表はないのですが、すこし体調に変化もあってなのか、

観戦するかたの意見では『スパイクの打ち方が変わった』ともいわれていました。

そのあとくらいに、退学、そして、留学の話がすすんでいるので…しばらくバレーはお休みしているのか調整中なのか。

おそらく、いまアメリカに留学中ともあって、全日本に関しては今は保留といったところでしょうか。出場はたしかにされていませんもんね。

宮部藍梨

※妹の宮部愛芽世(あめぜ)に関する記事

宮部愛芽世(あめぜ)身長や体重!最高到達点が高い!姉の藍梨もすごい?

退学後の留学先!今後の進路について

親和女子大学のほうは退学しているとの報道が2017年8月ころの記事で発見しました。

留学先はアメリカですが、詳しい学校名は公表されていないようです。

今回の留学の目的ですが、4月に大学入学当初、

宮部藍梨いわく『企業にはいる選択もあったけれど、将来は海外でバレーをしたいので実践的に使える英語を身に着けたい。やるからには上を目指している』との話しています。

つまりアメリカ留学はあくまで語学の勉強ってことですよね。

怪我の心配はしなくてもいいってことかな?

今後の進路としては、アメリカの留学あとは、どこか企業に所属するなるのかもしれませんし、海外のチームに所属してバレーをされていくことも十分ありえるでしょう。

2020年のオリンピックでは日本代表として戻ってきてくれることを期待します!!

スポンサードリンク