ここ数年、北朝鮮からのミサイル発射で、多くの人が怖い思いをしています。Jアラートといって、全国瞬時警報システムが政府によってど導入されましたが、不具合が生じ、一部の地域でなりませんでした。こういったトラブルもあるなか、私たちはどうすべきなのでしょうか。

まずは、自分にできることからだと思います。避難方法を自分なりに調べておくのは大切ですよね。

今回は、自宅にもしいた場合(家やマンション)の逃げ場所はどこになるのか。ミサイルからの避難方法をお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

ミサイル発射時について

北朝鮮からのミサイルに関しては、今回2017年8月29日に発射されましたが初の予告無しで日本上空をミサイルは通過しました。

今後もミサイルは予告なく発射されることを政府は想定しているようです。

ネット上でもかなり心配の声が上がっており、地域によっては非常に混乱してしまう状況であったと思います。

また、ミサイル発射時に鳴らされる『Jアラート』に関しても、一部の地域で鳴らない!と問題になっていました。現在この不具合については、検証中とのことで、早急にトラブルの原因をつきとめて頂きたいですよね。

通常『Jアラート』は、北朝鮮がミサイルを発射して3分後に日本政府の方が『Jアラート(全国瞬時警報システム)』がなるようになっていますが、実際ミサイルのスピードは非常に早いので、警報に気が付いたらスグに一番安全な地下へ逃げるのが先決です。

スポンサードリンク

家やマンションにいたら逃げ場所はどこになるの?

もし、ご自宅(家)やマンションにご自身がいたら、どうすればいいのでしょうか?

逃げ場所に関して、詳しく調べましたところ、

まず一番最初の動きは、

窓からできるだけ離れること

ミサイルの威力は私たちが思っている以上に大きいものです。

爆風・衝撃波・高熱と窓の近くにいれば、窓が割れてその衝撃で被害が及びます。

まずは窓から離れてください!

そして、

■地下

■風呂場(浴槽の中)

■窓のない部屋

これらいずれかの場所へ必ず避難しましょう。

北朝鮮、建物

今後の北朝鮮の動き

政府は今後、北朝鮮はミサイルを発射し続けることを発表しています。

安倍総理はご存知だったような発言もありましたが、現在北朝鮮は非常にピリピリした緊迫感のある関係が続いてます。

連日アメリカのトランプ大統領と電話協議もされており、異例な状況。

安倍総理は、トランプ大統領と約30分間話し合い、国連安全保障理事会で北朝鮮に対する制裁を更に強める方針で話は一致しました。

『トランプ大統領と昨日に続き、北朝鮮の最新情勢について分析し、今後の対応について話をした』と話しています。

話した内容は話せないようですが、

今回のミサイルが日本上空を通過したことは、極めて危険な行為であることや国際社会で圧力を高めていかなければならないことで、完全一致したと話しています。

今後具体的にどのような対策をとるのかは分かりませんが、更に北朝鮮に対する非難は集まる一方ではないでしょうか。

Jアラートが鳴ったらとる行動!必見対処法・持ち物・避難場所は?

ミサイル時の避難場所や必須持ち物!政府の対策や避難方法は地下へ?

Jアラートが鳴らない!ミサイルの地域による?スマホでの受信方法

ミサイル時子供が学校にいる時対処法は?避難して安全?休校になる?

ミサイル時の避難方法!自宅のお風呂は安全?落下後の被害範囲は?

スポンサードリンク