こんにちは!!

2017年安倍総理が解散を表明しましたね!!

そして続々と民進党からの離党者が続出しています。

今回は民進党の離党者は現在何人いるのか、いったい何人の人が民進党に残るのか気になるところを調べてみました。

また、なぜ松原氏や細野氏が離党を決断することにいたった理由にも迫ります。

スポンサードリンク

民進党離党者が増えるのはなぜ?

民進党ってどんな人たちん集まりかご存知ですか?

旧民主党に維新の党が加わり、民進党と名前がついたのですが、実は中身をあけますと、

大事なと役員のポスト(代表・代表代行・幹事長・政調会長など)には維新の党の方の席は一つしか設けられていません。

つまり、民進党の実態は、変わらず旧民主党のままでなのです。

民進党は解散・解党すべきだという声も多く、その声を拾ってみると、まずは変わらない支持率の低下。

●国民からの支持率はありません

●民進党党首に進歩がない

●時に大きな政策はない

●有権者が少ない

といったおまかな理由があげられていました。

こういったことに対して、所属している民進党の人たちは、この党にてもメリットを感じないとしたのか、離党があ相次いでいるのは確かなのです。

スポンサードリンク

現在民進党から離党者は何人でてる?残るのは誰?

現時点(2017年9月35日)の離党者と離党を検討中の議員についてですが、

当初は小池氏の新党(希望の党)結成のため、集結したのは8月に離党届け出を出して受理された細野豪志議員と、そして若狭勝議員の二人で結成に向けて動いてます。

現在検討に向けて動いているのは、

●自誓会の笠浩史(神奈川9区)

●後藤祐一(神奈川16区)

●鈴木義弘(比例比関東)

●岸本周平(和歌山1区)

●福島伸享(比例比関東)

●松原仁(新党結成へ)→※9月25日追記

離党メンバー現在含めても7名にのぼっています。

民進党に残る人物は?

民進党に残るのは、民進党国会議員全員を合わせて総勢135名でした。

衆議院から88名・参議院から47名の民進党議員が在籍中。

しかし、現在は離党者が相次いでいますので、今後もさらに離党する議員は増えると予想しています。

なので、このうち7名は減ったとしても、120名以上はいることになりますよね。

民進党

なぜ松原氏や細野氏は離党するの?

離党を考える中では、様々な意見が飛び交っています。

細野氏はこの民進党はなにがやりたいのかわからないといった発言もあったので、やはり国家政策について不十分なところが多いのではないでしょうか。

民進党にいてもなにも変わらない現状を感じたのかもしれません。

また、彼ら5人の離党理由は、

前原誠司代表の下にいても、党の回復は見えないと判断。

その中で、岸本氏は『解党による出直しが行われなければ、離党する』断言しています。

まだ民進党の中にも離党を検討はしているが、離党の意向を固めたわけではないという議員もいるのも確かです。

松原氏は小池氏立ち上げる新党に意欲を見せており、小池知事の隠さない政治、しがらみのない政治をもくてきに動いているのそのあたりで賛同しているのではないでしょうか。

新党をたちあげるという先進的な動きは素晴らしですし、小池知事についていきたい気持ちがでるのは当然ですね。

今後の動きもしっかりチェックしていきたと思います。

希望の党の公約や自民党との政策の違いは?原発ゼロでリセット【画像】

小池百合子は創価学会婦人部に?公明党味方に首相の座への狙いがある?

スポンサードリンク