こんにちは!

若手フィギュアスケート選手の三原舞依選手。

実は難病指定の病気を患っていることがわかりました。

三原舞依選手の難病は完治していないのか、病名はギランバレーという病気だそうです。

いったいどんな病気なのか、今だ病院に通院中であるのかについても調べてみました。

スポンサードリンク

三原舞依について

名前;三原舞依(みはら まい)

生年月日;1999年8月22日

出身;兵庫県神戸市

身長;154cm

所属;神戸ポートアイランド

学歴;

神戸市立東須磨小学校

神戸市立飛松中学校

兵庫県立芦屋高等学校在学中(2017年時点)

尊敬しいてるスケート選手;浅田真央

メディアから呼ばれている名;氷上のシンデレラ

実績;

2012年ー13年シーズン 初出場の全日本ジュニア選手権8位

2013年‐14年シーズン アジアフィギュア杯のジュニアクラスで2位

2015年‐16年シーズン 2015年アジアフィギュア杯シニア’クラスに出場 優勝

技術力;アクセルを除く5種類のトリプルジャンプ

スポンサードリンク

三原舞依の難病の病名ギランバレーとは?

三原舞の難病ですが、公表されている病気の病名は、

『若年性突発性関節炎』です。

この病気の特徴は全身の関節に痛みがでます。

また、別の名で【若年性リマウチ】とも呼ばれています。

16歳以下に発症しやすい原因不明の慢性関節炎なのですが、最も頻度の高い疾患だそうなんです。

年間一人/100.000人と推定。

三原舞依選手が発症したのは、2015年12月です。両ひざに強い痛みを感じ、歩くのも困難なほどになっています。一時は足首や肩、膝も動かせなくなって帰国後に検査した結果、“若年性突発性関節炎”と診断。

そして、この病気がギランバレー症候群に似ているというのです。

ギランバレーと若年性突発性関節炎との違いは、筋肉の動きが悪くなるとともに、間接に力が入らず、重症化すると、呼吸も困難になると言われています。

三原舞依選手はギランバレー症候群ではなく、若年性突発性関節炎という難病に指定されたことがわかりました。

三原舞依

完治していない?病院に通院中?

三原舞依選手の病気は完治していないのでしょうか?

調べてみますと、病気が発症した2015年4か月の療養生活を経て、すでにスケートリンクの上に立っていたんです。

毎日1日3時間から4時間の練習を積み重ねながら、動かしにくい関節を少しずつ改善させながら生活しているといいます。

現在2017年なので、症状は以前からすると、ずいぶんよくなっているとは思います。

2017年では、タンゴを色気たっぷりで素晴らしい演技をみせてくれています。

完全に完治しているのかはわかりませんが、スケートは続けられるくらいに回復はしていますので、

現在通院生活なのではないかと思います。

難病指定されている病気なので、そんなにすぐ完治するとは思えません。

三原舞依選手のすごいところは、

『病気の前の自分を乗り越える』

『病気に負けたくないし、言い訳にしたくない。乗り越えられるスケーターになりたい』と、

自分の病気に前向きなところ、もっと進化した三原舞依選手のスケートがこれから、見れると思うと、本当に楽しみですね。

スポンサードリンク