皇后美智子さまは一般人として知られていますが、妹や弟は誰なのでしょうか。

妹はご結婚されていてとついでいらっしゃるようですが、嫁ぎ先はどこなのか、そして実家は日清製粉を経営しているという情報があります。

今回はご実家の件に関しても徹底的に調べてみました。

スポンサーリンク

美智子様について

美智子様のプロフィール

名前;美智子様(皇后美智子様)

旧姓 正田(しょうだ)

生年月日;1934年10月20日

出身;東京都東京市本郷区

結婚された日;

1959年4月10日

1989年1月7日に皇太子妃から皇后さまになられました。

両親;正田英三郎(父親)・正田富美子(母親)

ご息女;

長男・皇太子徳仁親王

次男・秋篠宮文仁親王

長女・黒田清子

美智子様の幼少期と天皇陛下との出会い

幼少期;美智子様は大変真面目な性格で、活発な女の子。スポーツも得意でしたが、神経質なところもあったとか。

ピアノや絵画や料理もならっていたそうです。

天然パーマだったので、当時の愛称はアメリカの子役であったシャーリー・テンプルからとって「テンプルちゃん」『ミチ』と呼ばれていたそうです。

天皇陛下との出会い;

天皇陛下との出会いは『テニス』だったそうですね。

軽井沢のテニスコートでの出会いから、テニスクラブでの出会いを重ねて二人の距離は近づいていったいわれています。

スポンサーリンク

美智子さまの妹や弟は誰?嫁ぎ先はどこ?

美智子様の妹や弟について|名前と職業も

美智子さまのご家族関係ってご存知でしょうか。

美智子様には妹と弟がいるようです。

兄が一人。妹が2人と弟が一人います。兄弟4人いらっしゃることもなりますね。

◆兄・正田 巌

元日本銀行監事でドイツのベルリン生まれ

◆妹・正田 恵美子

元昭和電工専務

◆妹・正田 裕子

一橋大学教授

◆弟・正田 修

実業家で日清製粉グループ名誉会長相談役

兄・巌(元日本銀行監事)

1972年に三菱商事に入社されてその二年後に日清製粉に転職。

その後に取締役・社長へと就任されていますね。

1973年に社長から今度は会長へと就任。

1986年には次男の修さんが日清製粉の社長へと就任。ここで完全にバトンタッチです。

兄の巌さんは1999年にこの世を去っています。

二人の妹の嫁ぎ先について

一人目の妹・正田恵美子さん

妹さんは二人いらっしゃるのですが、

嫁ぎ先は妹の正田恵美子さんが日本体育教育会会長の安西孝之(昭和エンジニアリングの社長)とこへ。

今の生活はわかりませんでしたが、美智子様の妹である恵美子さんは雅子さまと「水俣病」つながりでご縁があるんだとか。

雅子さまが水俣病加害企業の社長令嬢だそうですよ。

水俣病は日本の四大公害病として非常に問題となっている病気ですが、意外な接点がありますよね。

ただこの恵美子さんの嫁ぎ先が安西家とあって問題視されています。それは安西家が新潟県の阿賀野川で第二水俣病を引き起こした第二水俣病加害企業である昭和電工の経営の一族だったからです。

二人目の妹・正田裕子さん

もう一人の妹・裕子さんの嫁ぎ先は、三菱銀行行員:協村さんのとこへ嫁いでいます)

裕子さんに関してはほぼほぼ情報が見当たらずこれだけの情報になります。

ご了承ください。

美智子様

美智子様に関する記事:

美智子様の若い頃はヤンキー?【画像】海外にいた恋人はカナダ人?

美智子様の愛読の探偵小説!ジーヴスのあらすじや作者!購入サイトも紹介

正田家|実家は日清製粉を経営中。

実家についてですが父親である正田英三郎は実業家で日清製粉を父親の代からうけついでいらっしゃいました。

日清製粉グループの創業者の正田貞一郎の三男に生まれたのが美智子様の父親正田英三郎でした。

そして、現在は美智子様の弟である修さんが日清製粉の社長に就任して日清製粉を支えていいます。

美智子様は社長令嬢だったのですね。

美智子様の立ち振る舞いはもともと家柄からでてくる人柄なのでしょう。

まとめ〜美智子様との兄弟関係〜

私が気になったのは美智子様の兄弟関係についてです。美智子様には四人の兄弟がいますがいったいどんな風に育ってきたんだろうかと思っています。

家柄は申し分ないので、おそらく兄弟全員が私立の小学校、高校、大学へと進学されていったのでしょうね。

美智子様がかなり自我の強い方のようですが、他の方もかなり負けん気の強そうな性格なイメージですよね。だから若い頃ヤンキーとかいわれていたのかも^^;

ま、これは単に「イヤリング」がその時代には珍しかっただけなのですが、非常にこの辺りは美智子様流を感じます。