こんにちは!

マツコが三半規管に菌がはいって病院に入院していることが報道されていましたね。マツコファンの方はかなり心配ではないでしょうか。

今回はマツコの入院先の病院がどこにあるのかや、病気はどのくらいで完治するのか、病状についても調べてみました。

一日もはやく退院して、テレビで元気な姿をみせてほしいものですね。

スポンサードリンク

マツコについて

名前:マツコ

生年月日:1972年10月26日

出身:千葉県千葉市

学歴:東京マックス美容専門学校

幼少期:

子供の頃から、自分が男性の同性愛者であることがを自覚しており、幼なじみの従兄弟に異性としての魅力を感じいていたことを話していたそうです。

漫才師シンデレラキスプレスの松井成行は従兄弟なので、もしかすると彼がそのお相手だったかも?

専門学校卒業後に、美容師として働いていたが、ゲイ雑誌『Badi』の編集部に転職。

記者や編集者として働いていました。

20代での後半は実家に引きこもりつつあったのですが、編集者時代の記事を読んでいた小説家の中村うさぎがホストを務める対談集『人生張ってます』のゲストに抜擢され、『マツコ・デラックス』の芸名や個性的なビジュアルやトークに注目があつまり、徐々に話題が増えていったそうです。

2009年には『マツコの部屋』が開始され、事務所『ナチュラルエイト』に所属しなが仕事を行っている。

スポンサードリンク

マツコの入院先病院はどこ?

今回の病気で入院した病院はどこなのでしょうか?

推測にはなりますが、間違いなく東京都内の病院に入院されているでしょう。

大手の病院とすれば、東京女子医大病院・東京都立駒込病院などになりますが、

三半規管に強い医者がいるとすれば、

●東京大学医学部付属病院

●日本医科大学付属病院

●東京大学病院

このあたりだと思うのですが…。

報道では、事務所の方が1週間は休ませたいという話になっているそうなので

おそらくしばらくはテレビ番組への復帰は難しいと思います。

一番驚いているのは、マツコでしょうけどね^^;

病気になるというのほ、やはり身体のSOSですから、この機会にしっかり回復していてだきたいですよね!

病名は何?病気はどのくらいで完治する?病状が気になる

気になる、病状や病名も調べてみました。

三半規管に菌がはいるというのは、いったいどういうことなのかといいますと、

また、三半規管に石がはいったり、頭痛も頻繁におきることがあるそです。

三半規管とは、耳の奥の方にあって、菌が入ると立ちくらみや目眩が頻繁におきるそうなんです。

脳の検査しても異常なしということなので、重い病気というわけではありませんが、

この病気は『メニエール病』にものちのち悩まされる方が多いそうで、

病状としては、

●目眩

●耳鳴り

●難聴

原因はストレスや多忙からだといわれています。

三半規管に異常があるとする病気の病名は、

病名『メニエール病』

病名『前庭神経炎』

病名『良性発作性頭位めまい症』

※この中で、マツコが掛かってしまった病気で有力なのは『前庭神経炎』です。風邪などの炎症から、三半規管への影響がでるとのこと。

マツコの現在の病状は、

食欲があり、3食きちんととっているとのこと。

多忙で疲れが溜まっていたことも事務所の方が把握していたので、ここはゆっくり休むしかないようですね。

マツコ・デラックス!

1日も早い復帰をお待ちしています!!

スポンサードリンク