こんにちは!

雅子様のご病気が公に公表された病名は「適応障害」当時2004年7月30日に官内庁を通して世間は知りました。

公表はされたものの、実際この適応障害になってしまった原因までは私たちの耳には届きませんでしたが、様々な憶測が立っていました。

2019年に天皇陛下の生前退位に伴い、今後皇太子様と雅子さまはより一層日本の行事、、海外への行事は増えていきます。

現在2018年2月時点での雅子さまの体調や病状が心配ですが、現在どの様な状態であるのか調べてみました。

適応障害は完治しているのでしょうか?

スポンサードリンク

雅子様のご病気「適応障害」ってどんな病気?

もともと適応障害であることが公表するまで、度々公務の欠席が報道でもありました。

憶測ではありますが2000年前後からこのご病気に悩まされていたのだと思います。

ちょうど次の年に愛子さまがご出産されていますよね。

この「適応障害」ってどんな病気なのか調べてみますと、

「環境の変化に適応できず、そのストレスによって心身に何らかの症状が起き、生活に支障がでる病気」

環境が大きく変化した時などに、誰にでも起こり得る身近なもの。

症状

心の変調:不眠や不安、気分の落ち込み

体の変調:胸のドキド、吐き気、便秘、めまい、震え

※出典 http://cocoromi-cl.jp/about/adjustment-disorder

これらの病状は一部ではありますが、社会生活する上では大変支障が出てくるものと言えるでしょう。

スポンサードリンク

適応障害の病気の原因!

適応障害の原因をみていきましょう。

明らかに、環境の変化による「ストレス」が一番の原因だと思いませんか?

とすれば、この時の雅子さまにとってのストレスってなんだったのでしょうか?

愛子さまが生まれたのは2001年ですが、雅子さまは一度流産もご経験されていらっしゃいますよね。あるとすればこの流産というとてつもない悲しみは雅子さまに大きなストレスを与えていたはずです。

また、皇太子様が雅子さまが適応障害になられて公表された際に、雅子さまは皇室の環境に適応させようとずっと努力されてきた、しかしとても疲れ切っていたという風におっしゃっています。

その他気になったのは、皇族の中で起きていたのかもしれませんが、雅子さまの人格も否定する様な動きがあったんだとか…。これってつまり皇族のなかで学校でいういじめ的?なことがあったということなんでしょうかね?

だとしたら、恐ろしすぎる…私だったら耐えられません。

雅子さまのご苦労されたことが皇太子様の言葉を通して伝わってきますね。

雅子様

雅子さまに関する記事

雅子様のご両親の現在!父親は逮捕され母親の優美子は病気療養中?

現在2018年の病状!完治してないの?

現在2018年の病状はどうでしょうか?

完治していないとの声がやや多かったです。

雅子さまの体調は回復に向かっていないのでしょうか。

その後、雅子さまは2003年頃にはストレスにより帯状疱疹になり入院もされており、しばらくは病状はよくならなかった様ですね。

やっと公務に出席できたのはオランダの海外訪問。2013年のことでした。

それからの公務を調べていると、2015年秋に園遊会にご出席されていました。

2016年の2月記者会見の際に、皇太子様からは雅子さまの体調は回復に向かっている兆しのある発言はあるものの、実際は公務を欠席されることもあるので、まだ完治している!とは言い難い様です。

精神的な病気というのはなかなか完治するというのは難しいということでしょうか。

愛子さまが激痩せしていたりと、親子ともに世間から心配の声が上がっています。

おそらく皇族においての生活は私たちが思っている以上に複雑な環境なのでしょう。

スポンサードリンク