こんにちは!

朝ドラの「まんぷく」が2018年10月から始まりますよ!

今回はきになる朝ドラ「まんぷく」の撮影場所!ロケ地はどこで行われていたのか調べてみました!

そしてこの物語の原作、モデルとなった人物は一体どんな人だったのでしょうか?

スポンサードリンク

朝ドラ「まんぷく」撮影場所やロケ地はどこ?

朝ドラの「まんぷく」このドラマのタイトルからとても幸せそうなストーリーを想像しちゃいますね!

舞台は大阪です!おそらく大阪での撮影が多くなるとおもいます。

モデルとなった、安藤百福さんが大阪と深い関わりがあるようで、大阪府の池田市に「安藤百福記念館」という施設があるほどなんです。

施設内ではインスタントラーメンや改良の歴史を見ることができますし、放送開始されるとさらに観光客で賑わうでしょうね!

台湾出身ではありますが、この大阪という場所とどのように関わりがあったのかもドラマを通して解明されていくことでしょう!

ただ、脚本家の福田靖さんの話によると、撮影場所に関しては決して大阪とは限らないようなので、隣の京都や奈良県あたりもロケ地になってくるかと予想しています!!

スポンサードリンク

「まんぷく」の原作やモデルとなった人

まんぷくは原作であるモデルとなった人がいました。

大きなモデルとしては「チキンラーメン」「カップラーメン」などのインスタントラーメンです。この開発した日清食品の創業者である安藤百福(あんどう ももふく)と妻である安藤 仁子です。

この創業者の百福はなんと台湾出身でした。両親は幼い頃に他界されていますが、製塩業が盛んな布袋や意麺という麺類が有名な塩水の隣町で育ったのです、海外への進出を夢見て、アメリカやヨーロッパを視察したりして、アメリカの人がチキンラーメンを二つ折りにして紙コップに入れてフォークで食べているのをみて、カップ麺を発想することができました。

カップヌードルが誕生したのは1971年9月18日で開発のカップブードルの誕生となったのです。

このようにモデルとなった主人公はとても創造力に満ち溢れており、日本ならず海外へも視野に活動を行ってきたのです。

ヒロインはこの福子という妻。そして、萬平という夫を中心にストーリー展開されていく予定です

まんぷく 朝ドラ

まんぷくの脚本家について

まんぷくは実際の話から大胆にリメイクされています。

おそらく登場人物はほぼ改称されていますし、フィクションだと思いますが、実際の話ももりこまれる可能性もあるでしょう。

脚本家である福田靖が手がけています。これまでの大ヒットドラマ「HERO][ガリレオ」などを手がけてきたのですが、朝ドラはまた違うし、誰もが元気になれる楽しい朝ドラにしないといけないと意味がありませんと語っています。

これを聞くとさらに楽しみなってきますよね!

スポンサードリンク