こんにちは!カナコです。

現在ミサイルの問題で世界で多くのメディアが注目している北朝鮮ですが、2017年4月23日日曜日に3人の韓国系アメリカ人が北朝鮮の平壌を訪問中、平壌国際空港から出国しようとしていたところ拘束、逮捕されました。

現在、逮捕されているのは、韓国系アメリカ人のキリスト今日宣教師、ケネス・べ氏とジェフリーウォール氏、マシュミラーの3人です。

今回気になったのは、韓国系アメリカ人という聞きなれない言葉、そしていったいどんな理由で逮捕されることになったのか、北朝鮮にいるのはなぜなのかに迫ってみたいと思います。

スポンサードリンク

韓国系アメリカ人とは?

韓国系アメリカ人、英語でKorean American(コリアン アメリカン)。

朝鮮半島に血統的由来を有し、国籍がアメリカ合衆国籍である者と、その子孫を指します。朝鮮系アメリカ人とも呼びます。国籍が韓国であるアメリカ在住者は「在米韓国人、あるいは同胞」というそうです。

2010年の米国国勢調査では、韓国系アメリカ人は約170万にんで米国総人口の0.6%を構成しています。韓国系アメリカ人の総人口に対する比率、上位州はカルフォルニア、ニューヨーク州、ニュージャージー州の順に人口が多いようです。

冷戦体制の崩壊や韓国の高度経済成長により、移民の波が1980年代から爆発的に始まり、現在もなお続いています。年間約2万人近くの人が移民しているようです。

これは、1980年代から1990年代にかけて子弟に早期英語教育を受けさせるために移民する『移民教育』が増加しており、現在は英語の塾の氾濫や経済危機、家計不況により、減少しているようです。

つまり、『移民教育』をきっかけに韓国からアメリカに住む人々が増えつづけ、その子供たちもアメリカで結婚、出産をすることにより、韓国系アメリカ人という名前がついたのではないでしょうか?

私も知らないことがたくさんあり、大変勉強になりました。

スポンサードリンク

なぜ北朝鮮にいるのか?

いったいこの3人が北朝鮮へきて、何をしていたのか調べてみみました。

すると、一人目、大学教授(ジェフリーウォール氏)なのですが、彼は北朝鮮の支援活動を行っており、今回の訪問で、その支援活動の方針について話し合うために1か月を予定して訪れたようです。

また、二人目のケネス・ペ氏は、懲役15年の判決を受けているそうで、ぺ氏は2012年11月に北朝鮮に観光もくてで入国後、逮捕されています。

最後に三人目のマシュミラー氏ですが、出入国審査所で持っていたビザを破り、北朝鮮の亡命を求めたとされた、という内容がわかりました。

この3名の逮捕された内容からして、一人一人の状況が違いますし、私としては3人目のマシュラー氏はなぜ北朝鮮に亡命を求めたとされていることも気になります。

北朝鮮、建物

なぜ3人は、逮捕されたの?

今回3人が逮捕された理由は、ネット上検索する限り、明らかにされていませんでした。

理由の内容によりけり、外交問題にも関わってきますし、これから入るニュースが大変気になりますね。

現在ミサイル問題でも緊迫しているこの時期に何故北朝鮮にいるのか、怪しい、どこかの国のスパイかも?など様々な意見ネット上ですがが飛び交っています。

私の見解としては、北朝鮮によるアメリカへの挑発を誘っているかのような展開を感じ、アメリカと北朝鮮の間に緊迫した様子が伺えます。ミサイル問題を抱えてる日本でさえも、今回の拘束された報道は、世界的にも注目されていると思いますし、トランプ大統領がいったいどのような指示をしてこれから北朝鮮との関係を保っていくのかも大変気になります。

今回おきたニュースは、アメリカと北朝鮮だけの問題ではないと思いますので、注意深くこれからも様子を見ていきたいと思います。

 

スポンサードリンク