こんにちは!カナコです♪

死ぬまでに一度は行きたいといわれる、海外の大きなイベント『コムローイ祭り』

夢がついに叶い、2016年度のコムローイ祭りに参加することができました。

正式には、地元の人向けにイーペン・サンサーイと呼び、私たち外国人向けに、イーペン・ランナー・インターナショナルと呼ばれています。

タイの仏教徒のお祭りなんですよ♪

コムローイはランタンのような熱気球のことをいって、毎年陰暦12月(新暦10月~11月)の満月の夜に行われています。これは、天のブッダに感謝の気持ち、そして日常の幸せと厄払いをするという祈りを捧げながら、何万個のコムローイはいっせいに空へ放たれるのです。

年々外国から、このコムローイ祭りに参加するために沢山の観光客が集まる中、昨年2016年のコムローイ祭りの中止情報がありました!なぜ、中止になるのか、毎年開催される場所や実際に取ったチケットの取得方法を公開したいと思います!!

スポンサードリンク

2016年コムローイ祭りは中止?

2016年のコムローイ祭り、ネット上で中止という情報が突然入ってきました。

確認すると、タイ王国の王様がなくなられたことから、お祭りの中止について検討されたようです。コムローイ祭りが開催される3週間前くらいだったのですが、中止される可能性は高かったようですね。

検討された結果、開催は決定ですが、規模は小さくされる、とのこと。何が違ってくるかというと、通常のBGMなどが明るい音楽というよりも落ち着いたものになったり、会場も少し小さめ、明らかにでのコムローイ祭りとは雰囲気が変わってくるのかな、というのがわかりました

それでも、中止になるよりは開催される喜びのほうが、当初は大きかったです。

スポンサードリンク

コムローイ祭りが毎年開催される場所

コムローイ祭りが開催される場所は、タイの第二の都市と言われているチェンマイ。観光客もたくさんくる観光スポットです。

このチェンマイの市内にあるメージョー大学の敷地内、周りは田んぼに囲まれたのんびりした環境の中で行われます。

バスや車が通る道はもちろん道路なのですが、駐車場から会場までは草むらや土の上を歩いていくため、虫が多くて、日本人の方は虫よけスプレーなどを持参してる方が多かったです。

チェンマイ市内から、ツアーのバスや、ソウテウという現地の人が乗るローカル車両で会場の駐車場まで行くのが通常なのですが、参加人数もすごく多いので、道は渋滞をして20分くらいで行ける道を40分くらいかけて向かいます。

バスに乗る前に、必ずトイレを済ましましょう!!

タイ、お土産

チケット取得方法

最後に今回取ったチケットですが、実は開催の2か月前に現地ツアーに申しこんだところ、売り切れでした。キャンセル待ちをしていましたが、2,3週間前に現地のツアー会社より別のお客さんでキャンセルしたかたがいたので、申し込みができることになり凄くうれしかったです!

私が利用させていただいた会社はこちらです↓↓【ランベルツアー】

http://www.chiangmai.jp/tour/index.cgi?mode=agency&aid=1

いくつもの現地ツアー会社があるのですが、内容はだいたい同じのようでした。

また、このチケットには、参加者にうれしい素敵な特典が付いています♪

会場の入場券の他に、ホテルから会場までの送迎と、日本語ガイド、お土産に首枕やおやつ、ミニコムローイ、簡易的なコムローイのロゴが入ったバック、会場で食べたり飲んだりする飲食のチケットまでが入っています♪

 

☆★オマケ★☆

2016年のお土産に、ミニコムローイ(ランタン)が入ってました!

日本語のガイド(タイ人)さんがぜひ日本でもあげてみてくださいね!とおっしゃってくださったのですが、もって帰るには大きすぎるサイズで、そのままバスの中に置き去りにしてしまいました。

ですが、後で後悔!この日コムローイのあったお祭りの日は、場所が指定されていますが、チェンマイの市街地に戻ると、いたるところからコムローイ(ランタン)があがっていました。それを見て、またあのいっせいにあがるランタンの感動の瞬間が蘇るんですよね♪

もし、これからコムローイ祭りに参加される際、お土産にミニコムローイが入っていたら、街中でも自分たちでコムローイを空にもう一度飛ばすことができますよ♪

次に日は、街の道路に空から落ちてきたランタンだらけです♪

スポンサードリンク