こんにちは!

スピードスケート選手である小平奈緒ですが、大学卒業に勤めた先は相沢病院でした。

現在もこの病院に所属ということですが、この病院でどんな仕事をしているのか調べてみましたよ。

また、現在の年齢や年収、出身地も見ていきたいと思います。

2018年の平昌オリンピックの主将にも選ばれて、注目が集まっていますよ!

また、小平奈緒選手は日本のスピードスケートで1000メートル1500メートルで優勝してきた実力の持ち主なんです。

スポンサードリンク

小平奈緒選手

スピードスケートの日本代表選手として有名な小平奈緒選手。

わずか14歳で初出場全日本ジュニア大会のスプリント部門で有力な高校生や大学生をおさえての日本女子スケート界史上初の中学生王者となりました!!当時も大変注目が集まっていて、2010年に開催された【バンクーバーオリンピック】にも出場しています。

このときは女子団体パシュートで史上初となる銀メダルを獲得。

初の大学卒スケート女子メダリストとなったのです!!

簡単なプロフィールを紹介しますと、

名前:小平 奈緒(こだいら なお)

生年月日:1986年5月26日

出身:長野県

家族:両親と3姉妹(末っ子)

スケートのきっかけ:

当時小学生の姉たちが通っていたスケートクラブの付き添いで、自身も挑戦してみたくなり、3歳からスタート。中学からは【宮田スケートクラブ】に所属して、力を伸ばしたため、スケートの強豪校からスカウトもうけます。

このスカウトをことわって、夢である教員免許取得のため、信州大学進学のため、スケート部のない伊那西高等学校へすすみます。

勉強にはげみながら、インターハイでは2冠達成。大学にも合格しました。在学中も大会で優勝して、勉強とうまく両立させながら卒業されます。

スケート一一本ならず、小平奈緒選手はすばらしい成績をおさめてきたのがおわかりいただけますよね。

スポンサードリンク

小平奈緒選手の所属の相沢病院の仕事内容は?

大学卒業後ですが、小平奈緒選手は相沢病院に所属することになります。

仕事の所属は

スポーツ障害予防治療センターのスタッフとして働いているのです。

大学時代から通っていることもあり、相沢病院で働きたい思いもあったのだと思います。

相沢病院が小平奈緒選手を採用したきっかけについては、こうかたられています。

小平選手のコーチである信州大学の結城教授から

「こういうご時世なので、採用してくれる企業がなかなかみつからなくて相沢病院で採用してくれないか?」と相談されたことがきっかけなんだとか。

当時はオリンピックにでるまでの選手になるとは思ってもみなかったようですが、現在は病院全体で小平奈緒選手を全面的にサポート、応援されているそうです。

スポーツセンターのスタッフとしてのお仕事内容は大学時代に教育学部生涯スポーツ過程を終了しているので、リハビリに患者さんのスポーツのサポートなどを行っているかなと予想しています。

小平奈緒

現在の年齢や年収!出身地はどこ?

さて、現在の年齢はといいますと、35歳(2018年1月時点)になりますね。

年収はといいますと、

ワールドカップなどで、種目で優勝すると、賞金がもらえます。

2018年のオリンピックでももしメダルがとれれば、1000万円はこえるのではないかと予想しています。

出身地は長野県ですね。

長野は冬の競技が活発なところなので、スケートの練習や大会はさかんに行われているでしょうね。

環境もやはり大事ですね!!

スポンサードリンク