保育園と幼稚園ってなにが違うのかご存知でしょうか?

私のイメージは、働く母親(共働きをしている夫婦)が子供を保育園に預けるイメージで、幼稚園は専業主婦の母親が多いといった印象を受けています。

今回は、気になる保育園と幼稚園の費用の違いをしっかり比較していきます。また、保育園と幼稚園の役割もわかりやすくお伝えして、実際にどっちがどういいいのかについて調べてきました。

ぜひ御参考までにどうぞ!!

スポンサードリンク

保育園と幼稚園について

はじめてのお子様に最初は保育園と幼稚園のどちらに通わせようか悩まれる方も少なくありませんよね。

●幼稚園の場合

『文部科学省が定める学校。という位置づけとなっており、こちらは満3歳以上未就学の希望する幼児が一日に4時間程度教育を受けるところという定義』

【保育年齢】

3歳児からの小学校入学前まで(3年保育の場合)

【標準的な保育時間】

子供たちの活動時間は大体朝8時半から14時、15時まで(幼稚園によっては延長保育もある)

●保育園 

『子供の親が働いていたり、病気などの理由で子供を十分に保育できないという理由で家庭に代わって子どもを保育する場所』

【保育年齢】

保護者の事情により、保育にかける0.1歳児から小学校入学前まで

【標準的な保育時間

朝7時半から夕方18時・19時まで

基本的に共働きしている、家庭で大人が全員仕事をしているという条件で入園できます。また、労働時間や何歳から入園できるかについては、保育園によって違いますので確認の連絡が必要です。

スポンサードリンク

保育園と幼稚園の費用の違い‼比較してみよう!

 【保育園の費用】

認可保育園・認証保育所・無認可保育所など、どこに預けるかによっても金額が、違ってきます。

認可・認証保育所の入園は、住所のある自治体との契約になり、保育料と自治体が定めるところによります。

多くの自治体では、保育をうける子供の年齢と世帯収入に応じて、保育料を決めています。

厚生労働省の『地域児童福祉事業等調査結果の概況』と言われる、統計によると・・・月に約2〜3万円の保育料を支払っている人が多いようです。

また、2人目以降のだと半額で通わせられることも可能。同じ保育園でなくてもふたりが同時期に園に火曜場合に適用されるようです。(詳しい条件に関しては、各自治体によって違ってくるのでご確認くださいね)
【幼稚園の費用】

文部科学省の『子どもの学習費調査』では、公立幼稚園では平均年額22万2264円(月額保育料や給食費も含む)、一方、私立幼稚園では、平均年額49万8008円(月額保育料や給食費含む)となっいます。

約2倍ほど費用が違いますね。

また、自治体からの補助金がでない、無認可保育園は、一律の保育料の場合が多いので、世帯収入とはまったく関係なくなります。

保育園の子供

保育園と幼稚園の役割‼どっちがいいの?

 結局、保育園と幼稚園ってどっちがいいのでしょうか?

保育園や保育園の役割は、少しずつ集団生活に慣れさせていくことではないかと思われます。

集団生活をすることで、子供のルールやお友達の作り方、ケンカや仲直りの仕方、そういった人間関係の基礎を学ぶ場所でもあると思います。

その役割は、とても大切なことで、また小学校にあがったとき、さらに大規模な集団生活に役立つはずです。

また、保育園や幼稚園の近くに小学校が必ずあると思いますが、たくさんできた友達とともに小学校にあがり、また交友関係も広がっていくこともメリットは大きいと思います。

日本の教育は、基本的にこの集団生活で行われます。まず、この環境に慣れることですね。

実際どっちがいいの?と思われると思いますが、保育園も幼稚園も目的が違いますので、まず母親が働いているのか働いていないのかが大きな分かれ道ですね。

働いていていると、幼稚園の場合保育園にくらべて閉まるのが早いので、お迎えには間に合いません。

そして、保育料の高い、安いも大きなポイントですよね。保育園は、所得に応じて保育料がきまるので、所得が少ない方でもその世帯に合わせて保育料を支払います。

また、保育園も幼稚園も周りのクチコミや評判を聞いて検討しましょう。

入園してしまうと、様々な雑費も必要になってきたり、お母さん同士の交流が多かったり、最近は母親たちの中の様々なコミュニティもあるくらいです。

願書の受付は、大体9月〜10月ですので、できるだけたくさんの幼稚園や保育園の見学や体験入学に参加して、お子様にあった幼稚園、保育園に入園しましょう!

 

スポンサードリンク