こんにちは!!

紀子さまと眞子様に怪しい空気が立ち込められています。

結婚の延期は、報道であったように婚約のお相手小室家の母親の借金問題が影響を及ぼしていることはわかりますよね。

本当に結婚できるのか?非常に気になる問題ではありますが、紀子さまはどうやら眞子様と何かあったようで、ひょっとするとこの結婚自体に反対をされているかもしれないんです。

小室家の借金問題が明るみに出てしまった今、親子にも絶縁の危機がきているともささやかれています。


スポンサーリンク

紀子さまが眞子様の結婚に反対を?

眞子様の結婚の延期発表されたのは2018年2月6日です。

もちろん眞子様と小室圭の結婚の意思が変わらないことは確認されていて、両陛下にも報告済み。

しかし紀子さまはどうやら眞子様と何かあったようです。

それがわかったのは皇太子様が2月23日に58歳の誕生日を迎え得られて、赤坂の御用地内である東宮御所でお祝いの宴が行われていた時です。

官内庁関係者によると、明らかに二人の間に緊張が走っていたこと、そしてお祝いの場であるにも関わらず重々しい空気が周りに伝わっていたそうです。

予想でしかありませんが、紀子さまは眞子様の結婚に対すること何か喧嘩をされていたのでしょう。

眞子様の結婚相手に不安があるのは当然です。小室家の借金問題がこのように全国の市民に知れ渡ってしまい、それ以外にも小室家に明るみに出ていない話がたくさん出てきました。

このまま皇族という立場からして、結婚を受け入れるのは非常に複雑な問題ではないんですよね。紀子さまもそれを十分知っている上で、眞子様に結婚の反対の意思を見せたのかもしれません。

どちらにしろ、まだ結婚は確定ではありませんので2年間という猶予の間に眞子様の結婚に関してははっきり決まってくるでしょう

眞子様の心がどのように動くのか、国民も非常に気になるところです。

スポンサーリンク

紀子さまが眞子様を厳しく育ててきた話

紀子さまは妹の佳子さまよりも眞子様の方の子育てに関しては、やや厳しくされてきたと、報道でありました。

眞子様は姉妹で3歳くらいから料理に興味を持っていたと言います。二人とも専用のエプロンをもち、紀子さまも一緒になってお料理、片付けをされていたそうです。

紀子さまは率先して台所に向かい、娘たちにお料理を振舞います。そういった行動をみて子供達は自然と女性としてのお手本を見せていたのでしょう。

例えば、眞子様の幼少期のことです。男の子を追いかけまわすと、紀子さまは厳しく叱っていたようですが佳子様が同じことしても全く叱ったりすることはありません。

また、言葉遣いも特に厳しかったと言います。

学習院幼稚園に入園された頃、「ご挨拶しなさい」「もっとお行儀よくしなさい」周囲も驚くほどで、言葉遣いは特に厳しかったそうです。

眞子様の「〇〇いたよね」はNG.で紀子さまは無視されますが「〇〇いたわよね」と女の子らし表現で言い直しすると「そうですね」と返されていたりしたと言います。

これだけ厳しい家庭に育ってきたこともあり、今回の結婚延期問題はかなり紀子さまにとっても衝撃的なことだったと言えるでしょう。

眞子様

眞子様が結婚延期する本当の理由や婚約破棄の可能性!借金トラブルの真実

眞子様の結婚後の生活!一般人になり生活費や一時金はどうなる?

理由は?やはり小室家の借金問題が原因で絶縁に?

反対するのはなぜか?予想はつきます。

これだけ厳しい教育してきたからこそ、紀子さまにとっても今回眞子様が結婚をされることになる小室家の問題は大きいです。紀子さまのこれまでの教育されてきた立場からすると、想像できないほどです。

紀子さまは皇族の母としても非常に厳しい立場ですが、眞子様もせっかく見つけた大切な人。

お互いに引けないところが絶対にあります。

実際借金問題のある家庭を皇族が認め、結婚させていいのか?と、そもそもの問題にもなってきますよね。

やはり結婚は二人だけの問題ではなく、家と家同士の結びつきあって結婚に至るわけなので、慎重になって当たり前のこと。

私はただただ母と娘の関係に今回のことで縁を切るほどに関係が悪化しないことを祈りたいと思います。