年々紫外線が強くなっているように感じるのは気のせいでしょうか?

紫外線は年中さらされているもので、曇りだからって気を抜いていたらダメなんですよね。

紫外線対策としても各幼稚園や小学校では特に目に見えて帽子の形も昔に比べたらかわりましたよね??

紫外線対策としてでなく、毎年熱中症になる子どもも増えてきているので、帽子などに施す対策はとても大事な役割となっています。

今回は子ども限定で紫外線対策としておすすめの便利グッツ、帽子やサングラスについても調べてみましたよ。

スポンサードリンク

紫外線は子供にどんな影響与える?

紫外線が人間に与える影響は私たちが思っている以上に強いんです。

紫外線にはAとB波というのがあって、A波は肌の奥深くまで届くので蓄積してしまうとシワやたるみの原因となるものです。

B波は肌を赤く炎症させたり乾燥してしまうことがあります。

また、年々日本人の食生活の変化が原因なのか、アレルギーを持つ子どもが増えたという話もありますよね。

つまり紫外線の影響をもろに浴びてしまい、肌の炎症が普通の子どもよりも強く症状として表れてしまうこともあるようなんです。

紫外線対策は私たちが思っている以上に強い!と心得ていきましょう。

[ad3ad-2]

子供専用!紫外線対策にオススメの便利グッツ

子どもに必要な紫外線対策をみていきましょう!

おすすめの便利グッツですが、身体全体を守るために一番おすすめなのは,,,

水着などやスポーツ用品店で売っています「ラッシュガード」です!

このラッシュガードの便利なのは素材が洗濯してもすぐ乾きやすくて、毎日洗っても翌日には乾いているからです。ラッシュガードはもとも海で泳ぐときに使うのが一般的なのですが、年々紫外線対策として大手メーカーも普段日常で使えるようなラッシュガードをどんどん開発していっています。

おすすめな理由はラッシュガードは基本的に素材自体に紫外線対策を施してあるものがほとんどです。

大手のユニクロでも販売していますが、子ども用としてはまだ品数が少ないのでスポーツ用品店お大手ですと、「DEPO」「スポーツゼビオ」がおすすめ。

是非是非スポーツ店でおすすめグッツのラッシュガードを手に入れてくださいね!

ラッシュガード着てる子ども

帽子とサングラスが必須?

では、帽子やサングラスはいらないのか?と言いますと、帽子は必須ですね!!

帽子は顔や首回りを守り、紫外線対策としてだけでなく熱中症をも防ぐことができます。

サングラスがどうかと言いますと、そこまで必須ではないと思います。

帽子をしっかり被って入れば、紫外線から100パーセントではありませんが肌はさらされていません。

大人のように車を運転したり、野球などの野外でスポーツする場合は別ですがサングラスに関しては用途に応じて必須になってくるという認識でいいと思います。