こんにちは!

今回は人気絵本作家のかこさとしに注目してみました!

私も小さい頃は彼の絵本の世界にどっぷり入り込み、とても楽しんでいたものです♪

NHKでも特集がありましたし、新作もでるようですので要チェックしていきたいと思います!

かこさとしさんはもうご高齢である方なのですが、病気もお持ちの方なんです。

かこさとしのご病気や病名、そして現在の年齢をしらべてみました。若い頃に結婚もされていて、かわった子育ての仕方をされていたそうですよ。

かこさとしさんの子供についても調べてみました!

スポンサーリンク

かこさとし(加古里子)について

名前:加古里志(かこさとし)

本名:中島 哲(なかしま さとし)

出身:福井県越前市

幼少期:8歳から東京都板橋区でそだったかこさとし。

成蹊高等学校卒業、東京大学工学部化学科に通います。工学博士。技術士。

経歴:当初は応用科学研究者としての道を歩き始めていたのです。大学卒業して昭和電工に就職。

その傍らで、

もともと子供にかかわることがしたいと考えていたそうです。

人形劇団にも入りました。ボランティア活動もされながら、当時は戦後間もないころだったこともあり、かこさとしは一生懸命作った紙芝居で子供たちを夢中にさせたいと大変熱心に活動もおこなっていたのです。

常に児童文化活動に従事してきた加古里史(かこさとし)は絵本である『だむのおじさんたち』で絵本作家としてデビューしました。

スポンサーリンク

かこさとし(加古里子)の病気や病名は?現在の年齢!

かこさとしの名前を検索すると、もうすでにこの世からいないような表現をされてると思われていることもあったので、かこさとしさんは病気でもあるのではないかと調べてみました。

先にお伝えしておきますが、かこさとしは現在も元気にこの世にいらっしゃいますよ!

かこさとしの病気や病名についてですが、目が悪いことがわかりました。目の病気をもっていらっしゃるかこさとしですが、

目の病気の病名は、『緑内障』

緑内障とは!眼圧の上昇によって視神経が圧迫される病気で、症状は悪くなると視野が狭くなる傾向もあり、最悪失明にもなってしまう怖い病気なんです。

現在も治療中のようですが、完全に完治するのは難しい病気のようです。そのためこの病気の進行をできるだけおさえて、現在も絵本作家として次なる絵本を執筆中なんです。

現在かこさとしのご年齢ですが、91歳になります(2018年時点)

ご高齢ではありますが、そのほかの病気はとくに公表されていません。

かこさとし

結婚して子供な何人いるの?

かこさとしも若い頃にご結婚されていました。

二人の子供も生まれています。

結婚されたのは1955年同じ部長秘書だった一般女性のかたと結婚されています。

そのあとに二人の女の子がうまれているのですが、インタビューでは子育てについても語っていくれてきます。

基本的にかこさとしは育児に関して、子供と遊ぶことはなかったといいます。

かこさとしの考えは『子供はこども同士で遊ぶのが健全だと思っている』とのこと。かこさとしさんらしい子育てをされていたようですね。

新作の絵本も非常に楽しみです!