2017年8月29日北朝鮮が初めて日本に公表なく発射したのは今朝6時ごろのことでした。

しかし、安倍総理は『ミサイルの動きは完全に把握しており、万全の態勢をとった』と強調して発言されています。

今回ミサイルは、襟装岬の東1180キロの太平洋上に落下と政府により発表されました。現在、このミサイルの種類や飛距離などの分析を急いでいます。

このミサイル発射されて3分後にアラームが鳴り、ミサイルの警報を教えてくれるツール『Jアラート』なぜかアラートが鳴らないという事態も起きており調べてみることにしました。ミサイルの地域によるものかのかどうか、そしてこのJアラートをスマホで受信する方法も簡単にご紹介させていただきます。

スポンサードリンク

Jアラートってなに?

北朝鮮からミサイルが日本に飛来する場合、きわめて少ない短時間で日本に飛来することになるといいます。

その際の対策として『J アラート』といって、北朝鮮から日本にむけて飛来してきた際に、政府が24時間体制でいつでも全国瞬時警告システム(Jアラート)を使用して、緊急情報を伝達するシステムのことです。

北朝鮮がもし予告なくミサイル発射してきた際は、政府としても事前に知らせることなく、このJアラートが使用されます。

Jアラートを使用すると、市町村の防災行政無線等が自動的に起動、野外スピーカー等から警報も流れます。また、携帯電話にエリアメール(ミサイルとぶ地域及び危険の可能性のある地域)や緊急速報メールが配信されるのです。

スポンサードリンク

Jアラートが鳴らない!ミサイルの地域によるの?

基本的にJアラートは、国民保護にかかる警報のサイレン音を使用し、北朝鮮のミサイルに注意が必要な地域だけに鳴るものなので、全国の国民にJアラートで知らされることはありませんのでご注意くださいね。

ただし、今回8月29日の予告なしミサイルに関しては、北海道から東北、関東地方にかけて12道県を対象に配信されましたが、一部、山形県新庄市では防災行政無線が作動しない不具合が発生したり、福島県湯川村では希望する住民に緊急情報を知らせる登録制メール(Jアラート)が送信されなかったといいます。

今回は一部でこういったことが起き、国民は不安になるかもしれませんが、現在消防庁幹部から全国の自治体に『全国の自治体に危機感をもって対応にあたってほしい』と協調。これらのトラブルの原因追及に現在自治自治体は原因追及にあたっていると思われます!

※Jアラートが鳴らない原因の一つに、格安SIMフリー携帯はJアラートが鳴りません。

※スマホの設定画面で『通知しない』にしている。または電源をきり、マナーモードや通話中の場合もJアラートはなりませんのでご注意くださいね

警報、サイレン

スマホでの受信方法は?

もしJアラートで少しでも早く危険を察知されたい方は、スマホでこの『Jアラート』の通知が行くようにしましょう。

スマホで簡単に登録することが可能です。

アプリなどはありませんので、ご注意くださいね。

大変詳しくスマホで設定する方法の記事がありましたのでこちらをご参考にされてみてください!

jアラート受診方法

また、政府が立ち上げたサイトでも詳しく説明がありますので御参考にされてみてくださいね!

国民保護ポータルサイト

いざミサイルが飛んで来たら、緊急対処法としての記事を書きましたので、よかったらご参考にされてみてくださいね。

Jアラートが鳴ったらとる行動!必見対処法・持ち物・避難場所は?

ミサイル時の避難場所や必須持ち物!政府の対策や避難方法は地下へ?

ミサイル時子供が学校にいる時対処法は?避難して安全?休校になる?

ミサイル時の避難方法!自宅のお風呂は安全?落下後の被害範囲は?

ミサイル時の避難方法!家やマンションの人の逃げ場所はどこに?

スポンサードリンク