こんにちは!

マラソン大会でこれまで数々の素晴らしい成績を残してきた伊藤太賀選手。

日本のスズキ浜松ACに所属していますが、2017年に開催された別府大分毎日マラソン大会に出場されていましたね。

今回は2018年も出場される伊藤選手にスポットを当ててみました。あまり詳しい情報がなかったのですが、プロフィールや出身の高校や大学もみていきたいと思います。

スポンサーリンク

伊賀太賀のプロフィール!出身高校や大学

名前:伊賀太画(いが たいが)

生年月日:1986年10月22日

出身:愛知県

出身高校:愛知学院愛知高校

大学:拓殖大学

卒業後:スズキ スズキ浜松AC所属

身長:166㎝

体重53Kg

スポンサーリンク

伊藤太賀2018年別府大分マラソン大会に出場

この別府マラソン大会ですが、大分の観光名所であるマリーンパレス水族館うみたまごをスタートさせ大分市営陸上競技場をゴールとしています。

42.195Kmのコースです。基本的にアップダウンの少ないコースではありますが、海沿いのコースを走るため風の影響は強いです。

この大会は「新人の登竜門」と呼ばれるくらい、新人マラソン選手が成績を残してくたマラソン大会だそうです。

しかしこのマラソン大会で走る選手はレベルは上級者。制限は(3時間30分以内)となので、それなりに走りに自信がなければ完走は難しいでしょう。

オリンピックの代表を決めるため、注目度の高い大会なので、有力のあるマラソンランナーが生まれることを期待されていますね。

過去の成績がすごい

調べてみてびっくりしました。伊藤選手のこれまでの大会の成績ですが、

まず駅伝で一気に注目を集めました!2009年に出場された箱根駅伝大会2区15位。

2013年ゴールドコーストマラソン大会2位

2014年 静岡マラソン大会 優勝

2014年長野マラソン大会3位

2015年大阪マラソン大会2位

※日本人選手の中では1位

2016年長野マラソン大会3位

大学卒業後もこのように、大きな大会で素晴らしい成績を残されてきています。

今回の大会でもかなり練習を積んできているはずなので、自然と期待されてしまうのも無理ないですね!

2020年の東京オリンピックに向けて、おそらく調節されているでしょうからそれなりの結果は出されるでしょう。応援していきたいと思います。