井上真央ちゃんが完全に芸能活動へ復活、再開されることがわかりました!!

昼ドラマ『キッズウォー』の子役時代から大好きな女優さんで、この復活ニュース、個人的にも大変うれしいです!!

今回は、井上真央の復活により、最初の復帰映画、その復帰の裏に隠れた事務所の移籍理由、退社、独立の噂はなんのことだったのか詳しく迫っていきたいと思います♪

スポンサードリンク

井上真央の復帰映画いつ?

井上真央ちゃんの復帰映画について調べてみますと、映画とタイトルはまだ公式に発表されていますが、ネット上では来年2018年春ころに公開される映画に出演が決まっており、撮影も着々と進んでいるようです。

映画のストーリー設定は、70年代の大阪で在日朝鮮人が営む焼き肉屋で、メインは在日朝鮮人の一家を描いたもののようです♪

タイトルは『焼肉ドラゴン』の可能性が高いようです!!

もともと2008年に舞台映画を映画化したもので、当時はかなり高い評価を得た作品です。

映画関係者によると、

主役は井上真央で、恋人役に映画主演クラスの男性俳優が演じ、舞台を演出したチョン・ウイシン氏が初のメガホンをとり、来年の春公開をめどに精力的に撮影を行なっているそうです!!

少しお芝居から離れた真央ちゃんの演技がどうなのか、真央ちゃんンの恋人役にも注目が集まりますね♪

スポンサードリンク

井上真央の事務所の退社から独立、移籍まで

井上真央の以前の事務所は、昨年2016年9月30日をもって、松嶋奈々子などが所属する『セブンス・アベニュー』を退社しました。その後、親子で独立し、特に目立った芸能活動はなく、完全に休止状態だったのですが、同年の2016年12月1日に岸辺一徳など計3人の少数の事務所『アン・ヌフ』に移籍が決定しています。

その時点で、

「今も映画やCMのオファーが何本かきています。いい脚本があればお受けするということでやっておりますが、あくまでもマイペースにということですので、現在決定しているお仕事はありません」

と、井上真央はコメント。

2016年の間、井上真央ちゃんにとっては、女優としての分岐点だったのではないでしょうか。

移籍がきまり、しばらく何も出演はきまっていなかったのですが、2017年5月に入り、映画の出演が大やけに発表されて、真央ちゃんファンもかなり喜んでいたそうですね!!

井上真央

移籍理由は何?

みなさん、移籍理由はご存知でしたでしょうか?

ネット上には、井上真央の母親が真央ちゃんの元所属事務所『セブンス・アベニュー』のことで不満がずっとあったことが原因としてあげられていました。

とくに不満だったのは出演料のギャラに関しての低さだったようです。

実は、以前にも移籍経験があり、子役時代に『たむらプロ』に所属、大学進学に向けて、休業後に『セブンス・アベニュー』に移籍が決まっています。

2度の移籍は、女優さんにとって、かなり勇気のいることではないでしょうか?

現在の移籍先事務所『アン・ヌフ』は、岸辺一徳、兄の岸辺四郎、塩見三省の3人のみ。

私は、母親の娘のギャラが不満だったことの理由のほかに、事務所の方針が真央ちゃんとあわなかったり、同じ所属事務所の俳優、女優さんとの関係にも原因があったのではないかと考えています。どこいっても人間関って大切だと思いますし現在の所属事務所『アン・ヌフ』で自分らしく、もっと楽しく仕事がしやすくなり、さらに今後素敵な女優さんへと変身していくことを楽しみにしています♪

スポンサードリンク