こんにちは!

女性の活躍する時代になってきたと改めて感じる今日この頃です。

小池百合子都知事は、猪熊純子会計管理局長ら二人を副知事に任命することを提案しました。

今回は、その猪熊純子について、経歴やプロフィールを主に、そして猪熊の父親が元公明党の参議院議員という噂に迫ります。

スポンサードリンク

猪熊純子の経歴やプロフィール

名前:猪熊純子(いのくま じゅんこ)

生年月日:不明

大学:一橋大学 卒業

1981年に東京都の都庁入庁。

9教区1区にわたり財務・福祉臨海副都心開発をはじめ、首都大学東京経営企画・産業復興・都市外交・水道資産の管理活用に携わってきました。

2011年に内閣官房に出向して、地域活性化統合事務局長に就任。

アメリカ・ハーバード・ケネディスクールMPA取得。

知名度はまだ低いのですが、都政に詳しい女性です。小池百合子も女性副知事としての彼女の活動にも期待していると思います。

スポンサードリンク

猪熊純子の父親は元公明党?

猪熊純子の父親について調べますと、

元公明党参議院議員の猪熊重二です。

名前:猪熊重二(いのくま じゅうじ)

生年月日:1931年2月

職業:日本の政治家・公明党参議院議員(2期)

出身:群馬県

大学:中央大学

経歴:

1931年〜小学校教諭・弁護士を経て、

1986年7月第14回参議院議員総選挙・比例区から公明党公認候補として立候補。初当選。

その後、参議院法務委員長、参議院科学技術特別委員長を歴任してきました。

しかし、2007年に肺癌によりお亡くなられています。(76歳でした)

猪熊純子

次期都知事誕生?

副知事に22年ぶりに女性副知事の誕生に多くの人が驚いていると思います。

小池百合子の今回女性都知事の提案の裏にはさまざまな憶測が飛んでいます。

まず、猪熊純子を副知事に提案したのは、父親が元公明党参議院議員であったことから、公明党との繋がりをつなぎとめておくため、との内容もあります。

小池百合子知事が任命した現副知事4人のうち3人が退任、後任に女性の猪熊純子を抜擢したよは、やはり『小池カラー』を出していくことが目的であるでしょう。

小池百合子は、報道陣に

『女性政策を更に進める上でも重要な人事になると期待している』と、話しています。

ちなみに、猪熊純子ともう1人長谷川明政策企画局長は、10月16日付で任命されます。

小池百合子は、女性副知事に猪熊純子を任命することで、国政を円滑に行うため次々と手を打っているな!といった印象を受けますね。

猪熊純子は、小池百合子の次期都知事としての器として育てられていくのではないかと思います。

スポンサードリンク