こんにちは!

フィギュアスケート選手の本郷里華はご存知でしょうか?

本郷理華選手は今注目されている若手のフィギュアスケート選手なんです。

実は、小学校4年生のとき、オリンピックで金メダルを獲得した荒川静香選手と一緒オープンカーで手を振っていたという話もありましたよ。

そんな中、本郷理華の演技に、猫背がきたないという評価があったそうです。

本郷理華の猫背がきたないと言われているわけや以前衣装違反で減点となったことのあるといわれていますが、減点されたのは何故なのかについて、また現在のコーチについて調べていきたいと思います。

スポンサードリンク

本郷理華について

 名前:本郷理華(ほんごう りか)

生年月日:1996年9月6日

出身:宮城県仙台市

身長:166cm

体重:52kg

学歴:名古屋市立中川小学校

名古屋市立港明中学校

愛知みずほ大学瑞穂高等学校 卒業

中京大学スポーツ科学競技スポーツ科学 在学中(2017年時点)

家族:

父親がイギリス人・母親は日本人でフィギュアスケートのコーチ。

学生時代:

スケートを始めたのは2001年。

本郷理華は、当時5歳です。

荒川静香らがホームリンクとしていたコミナスポーツクラブ泉・スケートリンクを練習拠点としていましたが、

2004年に閉鎖されて、仙台市の勝山スケーティングクラブで練習を続ける。

仙台市立岩小学3年生のとき、2005年-6年のシーズンでは5つの大会で優勝。

当時コーチだった長久保裕を慕っていたため、コーチが転勤するとともに、本郷理華は名古屋へ移住しています。

着実にスケートの実力をつけていきました。

スポンサードリンク

本郷理華の猫背がきたない?

本郷理華の猫背がきたない!と話題になっていたことがありました。

これまでの実績や、技術や実力からしてなぜ『猫背がきたない』といわれているのでしょか。

それは、『スピンの時普段の猫背の姿勢』が際立ってしまったことが原因です。

どうも、がつっこんでいるようにみえて、

どうしても猫背の姿勢がきたないと感じてしまう方が多かったようなんです。

しかし、同じフィギュアスケート選手の鈴木明子がある助言をしてくれた事かきっかけで、みるみるうちに猫背の姿勢が改善されていったといいます。

本郷理華の弱点をしっかり見抜き、的確なアドバイスで、その後素晴らしい演技を見せてくれるよになったそうです。

本郷理華

衣装違反の減点は何故?現在のコーチは誰?

 2016年です。衣装違反で減点されたことがありました!

衣装に減点されることもあるのか、とビックリしましたが、

減点となるのは、

〇衣装の一部が落下

〇タイツの着用がない

〇衣装が派手

〇小道具の使用
などなど、減点となる対象になるルールが細かく設定されていました。

本郷理華の場合は、

スポーツにふさわしくない裸を連想させる衣装であったことなど、肌の露出度があったことが、減点の対象となったようです。

この衣装違反の減点をしたのは、審査員のうち一人だったそうです。

当時は出場した大会は6位という結果で終えました。

また、現在のコーチですが、

本郷理華は長い間、慕ってきたコーチ長久保裕です。あの、鈴木明子選手をも育ててきた超有名なコーチなんです。

現在70歳をこえるお年なので、体調面でも心配の声は上がっていますが、長久保裕コーチは元フィギュアスケート選手。1972年に札幌オリンピックの代表に選ばれました。

また、現在の振り付け師は鈴木明子です。

若手フィギュアスケート選手の活躍をこれからも応援したいと思います!

本郷理華の顔がおかしい?怖いし変?ハーフで父はイギリス人【画像】

スポンサードリンク