こんにちは!フィギュアスケート選手本田真凛の活躍に注目が集まっていますね!!

彼女の家族は全員で7人!少子化の日本にまだ大家族がいますね!!

長女以外はフィギュアスケートをやっているんだとか。

かなり豪華というかお金持ちな家族のイメージがついていますよね!スケートには衣装やレッスンが高額なため、続けていくにはかなり経済力がないと厳しい世界。

今回はフィギュアスケート一家の本田真凛の家族について、父親のお仕事は何をしているのかや京都の自宅はどれだけお金持ちなのか?みなさんにお伝えしていきますね!

スポンサードリンク

本田真凛のプロフィールと家族構成

 名前:本田真凛(ほんだ まりん)

生年月日:2001年8月21日

出身:京都府

家族構成:

両親と長女(真帆)・長男(太一)・次女(真凛)・三女(望結)・四女(紗来)

 長女以外はスケート選手をしています。

■ 長男;太一(たいち)

生年月日:1998年8月2日

日本スケート連盟のフィギュアスケートの強化選手に選出される実力の持ち主

■三女:望結(ほんだ みゆ)

ドラマ『家政婦のミタ』の子役で大ブレイク

2011年小学3年以下の部門で優勝経験者

スケートとしても十分に実力があるといえます!

女優とスケートを掛け持ちってとても大変そうですが、テレビ番組ではスケートへの熱い想いを語っていたので、これからもスケジュールをうまく管理して積極的に活動されていくのでしょうね。

本田望結の性格は、ハッキリ物をいうの性格で、とにかく素直だそうです!

■四女:紗来(さら)

生年月日:2007年4月4日

スケートと、芸能活動も行っています。

3姉妹はみなさん、オスカープロモーションに所属していますよ。

数々のCMにも出演されていますし、また歌もうたっています!

顔はハーフ顔ですが、純日本人です。可愛らしい顔をしているので、大きくなった時が楽しみですね。

あとは、ドリトル玲奈似てると言われていました。

スケートの才能はといいますと、姉の本田真凛に、『紗来がシニアにあがってきたら、引退する』とまで言わせてるからに、相当な実力があるそうですよ。

特にスケートでは、『ジャンプ』に長けているということで、実績を調べてみますと、2017年度では、8月に西日本小学生フィギュアスケート選手権2017 ノービスB優勝

姉の真凛がもつノービスB歴代最高得点を超えて優勝したいという野望ものぞかせていたそうです。

才能は十分ありますね!

今後の本田家のスケート人生は、とても楽しみになってきました!

※姉妹とも中もよくインスタで本田真凛と望結さんのお写真もありました。

スケートを始めたきっかけの予想は、父親かと!!

父親の本田竜一は、元スケート選手だそうです。

子供たちはみんな影響を少なからず受けたのでしょうね。

または、子供にスケートを習わせてあげたかったのでしょう。

スポンサードリンク

本田真凛の父親のお仕事は何?

 そんなスケート一家の大黒柱!本田真凜の父親のお仕事ななんでしょうか?

父親は、本田竜一(ほんだ りゅういち)

実は、父親のお仕事に関しては、

医者である!メガバンクの役員?

真相ははっきりしませんでした。

現在、会社の経営もしている可能性は高いことは確かです。

しかし一方では、普通の会社員であるうわさもありますので、はっきりした情報はみつかっていません。

父親・本田竜一のすごいところは、まず子育てに非常に力を入れていること。

つねに子供中心とした生活であることが、わかりました。

父親の本田竜一は、

『本田家流 子育てのヒント』という本を出版しています。

一般家庭ではあまり想像つかない独自な子育てを行っているようですね。

本田望結がバラエティ番組に出演した際も、両親は自分ののやりたいことをやりなさいといった、子供の意思を尊重する考えを示していると感じます。

これから、本田家は益々注目される家族となるでしょう!!

スポンサードリンク

子育ての本の内容

驚きの教育法が書かれており、ご紹介しますね!

■朝一番にアイスクリームを食べる!

本田家ではなぜか、朝一番にアイスクリームわ食べさせる習慣があるそうです。

理由は、『朝一番にアイスクリームを食べると頭がシャキッとするので、頭の栄養である糖分を素早く補給するのに、良いと考えたからです』

と、著書に載っています。

子供たちは、アイスクリームか大好きで、気分よく目を覚ませるのではないでしょうか?

■朝5時にみんなで起きて宿題をする

『一日の中で、朝が1番疲れがなく、気力体力も充実しています。つまり、子供の可能性を拓くのに1番良い時間帯なのです』

本田家では、家族で一緒に何かをするという習慣も大変大切なことであることを伝えているのでしょうね。

しかし、家族全員が朝5時から起きるというのは、一般のご家庭では、ほぼないことですよね。これは、子育て法として素晴らしいことだと思います。

■家の8畳の和室に、大型トランポリン!

父親が『こだわり子育ての中でも1番ユニークで、しかも効果の高い』と書かれている内容として、自宅の部屋内に設置された大型トランポリン。

大会でも使えるような本格的なもので、本当に大きいみたいです。

かなりのおおきなお家なのでしょう。トランポリンは、ジャンプすると天井まで届いちゃいますよね。

本田家の自宅がますますお金持ちだとわかってきました。

なぜ、トランポリンを設置したのか…それは、トランポリンの上下運動がポイントです。

この上下運動は、さまざまなところで推奨されていまして、脳幹への効果がえられるのです。“ケアトランポリン”とも別名呼ばれています。

脳幹は全神経系統の伝達を行っている部分。ここを鍛えるだけで、記憶力や判断力に非常に効果があるといわれています。

それにしても、自宅にトランポリンがあるっていうのは、想像がつきません。

この3点の教育法の他にもこだわりの子育て法があるのですが、まさに驚きでした。

そりゃー伸び伸び成長しますよね!

本田真凛

こちらもご参考に

本田真凜の兄弟何人?長女はなぜいない?真帆の大学はどこ?【画像】

本田真凛の祖父の会社名や仕事は何?父の年収や職業は?【画像】

本田真凛の妹【子役】の本田望結も可愛い!韓国人の顔にも似てる?

本田望結の学校は家に近い関西大学?学力や成績!制服姿も可愛い!

本田紗来のスケートの才能や子役の実力!歌もうまい?学校はどこ?

本田望結のスケートの実力や優勝した成績は?ジュニアレベルでは下手?

京都の自宅はお金持ちって本当?

 ご出身が京都なので、自宅は京都府にあるでしょうね。

本田望結の憧れる選手・荒川静香の5歳から金メダルを取るまで総額2億円かかったた、されているので・・・

お金持ちでないと、スケートを続けられない家庭であることは確かです。

また、コーチとの契約期や振り付け師を雇うとなると・・・年間500万円必要になることが分かっています。

単純計算すると・・・
4人のスケートするこどもがいるので、年間2000万円??ですよね!

これから、有名になるとさらに費用はかかるはずです。
京都府にある自宅もかなりお金持ちであることがお分かりでしょう!!

追記

なんと、本田真凛の祖父の経営している会社は4つあり、年商20億円あるといわれています。

スポンサードリンク