こんにちは!

今年は『ヒアリ』による被害が増えてきていますね。

今回は、ヒアリに刺されたら何科の病院にみせればいいのか、そして病院ではいったいどんな処置や薬を処方してくれるのかについて調べてみました。

また、どんな痛みの症状があるのでしょうか。

詳しく調べてみました!

スポンサードリンク

ヒアリはどこに生息するの?

『ヒアリ』は、別名『火蟻』と書くそうです。

もともと、日本に生息してはいませんでしたので、外国から持ち込まれた可能性が高いようです。

ヒアリは、南米に生息しているアリです。

恐らく、輸入の際に使うコンテナなどに住み着いたものがそのまま持ち込まれた可能性が高いようです。

ヒアリの特徴

体長2.5mm〜6.6mm前後の大きさ。

全体的に色は赤茶がかかっていてお腹の部分が赤黒いのが特徴です!

普通私たちがよく見るアリは黒いですよね。

なので、色か赤茶かかっていたら、ヒアリの可能性があるとみていいでしょう。

また、ヒアリだと思われた際は、すぐに環境省の地方環境事務局に連絡をしてください。

触ったりしては危ないです!被害に合わないようにこころがけて、

環境省 地方環境事務所ホームページへアクセスして対処してください!

生息場所

『掘り起こした柔らかい土』

特にヒアリが好む場所だといわれています。

とにかく土が好きなので、保育園や幼稚園、小学校などでは注意が必要です。

スポンサードリンク

ヒアリに刺されたら何科の病院にいけばいいの?

もし、ヒアリに刺されてしまった場合は、

 『内科』または『皮膚科』の病院へ行きましょう!

ただし、アナフィラキシーを起こしていない場合です。

アナフィラキシーといって、呼吸困難や意識障害などの症状がでると、皮膚科ではなく、対処法が変わってくるので、病院にかかる場合、一言連絡をいれて、救急などですぐに病院へ連れていきましょう。

ヒアリは、スズメバチのもつ毒と同じくらい非常に危険なありです。

アナフィラキシーを起こすと、命の危険も伴います。

ヒアリ

病院の処置や薬は何?痛みの症状とは?

病院での処置や薬は、ヒアリに刺された時の症状によっても変わってきます。

軽度の場合は、病院へ行く必要はないようですが、、

我慢できる痛みと痒みであればいいのですが、できれば病院へ受診することをオススメします。

【 軽度の場合】

●刺された時に、火傷した時のような激しい痛みがある

●10時間ほどで、刺された中心に白い膿がでる

【 中度の場合】

●3分〜10分くらいで、刺された場所が腫れる

●場所によっては、全身に痒みや蕁麻疹などの症状があらわれる

【 重度の場合】

●刺されてから数分くらいで、息苦しさや目眩がおきる

●意識を失う

●重度のアナフィラキシーショックの場合、命の危険もありえる

アリといえど、非常に辛い痛みと痒みが伴います。

これらのように、

主に痛み・痒み・腫れ・じんましんなどの症状があるので、

病院では、痛みや炎症を抑える塗薬や飲み薬が出るでしょう。

また、痒みがある場合は、かゆみ止めの薬飲み薬がでるはずです。

アナフィラキシーなどの重度の場合は、入院しなければならない可能性もでてくるかと思いますので、ヒアリに刺された場合は、早期の対処が必要です。

※軽度の場合は、

刺された時20〜30分安静にします。

痛みやかゆみなどの症状はありますか?

体調に異変がないかも確認。症状が悪化しない場合は、病院または、お家で安静にしましょう。

悪化してしまったら、すぐに病院へ受診。

ヒアリは日本にもともと生息している生物ではありませんが、今では全国的にも広がり始めているので、私は大丈夫と思っていては危険です。

日常生活に心がけて十分に気を付けてくださいね。

スポンサードリンク