世界的な有名な歌手「セリーヌ・ディオン」とコンサートとの共演をきっかけに、葉加瀬太郎さんの人気はどんどん広がり、現在もイギリスのロンドンを拠点に世界をとびまわる素晴らしバイオリニストですよね。

私も大好きなバイオリニストのうちの一人。

たまに、日本のバラエティ番組にも登場して、番組中にも生のバイオリン演奏をしてくださったり、イギリスだけでなく日本でも活動をしている葉加瀬太郎さん。

彼には妻に高田万里子さん(名家生まれのお嬢様)と娘の向日葵と息子の万太郎くん(お料理が)4人家族がいます。

今回は向日葵(ひまり)さんのこと、バイオリンの才能と、現在通っている学校について書いてます。

スポンサードリンク

葉加瀬太郎の娘、向日葵(ひまり)について

娘の名前は向日葵と書いて、ひまりと読むそうです。葉加瀬太郎さん曰く、向日葵が咲く季節に生まれたから、ひまわりと名付けたそうですよ。

よびやすさからなのか、本来、ひまわりと読むはずなのですが、実際のところなぜそう読むのかは不明。

また、彼女は現在17歳の高校生。日本のテレビ「深いイイ話」にも出演していて、大変大人びたかわいらしい女性だなと感じました。学生時代を海外であるロンドンで過ごすのは、子供にとっても素晴らしい環境なのではないでしょうか。

また、家庭内でも英語で話すという徹底ぶり、これは妻、万里子さんの教育の仕方でしょうか。

バイオリンを習わせたのも、万里子さんがきっかけだそうです。

ひまりさんが2歳のときからバイオリンを習い始めたとか!小さい頃からの音楽教育の影響はかなり大きいのではないかと思います。

スポンサードリンク

彼女のバイオリンの才能

彼女の才能ですが、イタリアのジュニアコンクールで金賞受賞の腕前。

テレビで出演されていた際、万里子さんは、いっさい父葉加瀬太郎から娘のバイオリンの指導はなかったといいます。きっと娘のひまりさんからすると、世界で有名な父親にバイオリンを習いたいという思いはきっとあるのではないでしょうか。

ですが、テレビに出演に葉加瀬太郎さんは、娘を叱ったりして教えたりするのが嫌だというふうにおっしゃっていたそうです。

彼女の才能を開花するために熱心に教育指導していたのは、妻の万里子さんではないでしょうか。彼女は、家で葉加瀬太郎のビデオを何度もみて、研究して、すべてそれを娘、ひまりさんに教え込んでいたといいます。

ひまりさんのバイオリンの一番の先生は母親の万里子さんかもしれませんね

その努力が実り、ひまりさんのバイオリンの腕前はどんどん上達、父葉加瀬太郎も間違いなく、自分と同じ楽器、バイオリンを弾く娘のことを誇りに思っているのではないでしょうか!

葉加瀬太郎の娘

学校はどこへ行っている?

彼女の学校はいったいどこなのか、ネッもト上では、学校名などはでてきませんが、テレビ番組も出演の際に、土曜日は母国語を大切にさせるために日本語の学校にも通わせているそうです。

またイギリスの公立学校に通っている可能性が高いようです。テレビでも自宅の様子が公開されていましたが、かなり豪華。立派な学校に通っているのではないでしょうか。

イギリスの学校がどんなところなのかも個人的にすごく気になりますね!!

また、現在17歳となると大学受験もちかくなってきますよね、いったいどんな学校に通うのかも大変気になります。ひまりさんは、いったいこれから憧れてる父葉加瀬太郎を追いかけ音楽の道を進むのかどうなのか、これからの葉加瀬太郎一家にはまだまだ目が離せません。

スポンサードリンク