こんにちは!

美味しいコーヒーがおうちで飲めたら最高ですね!

今回はマツコの知らない世界に登場する「世界一のコーヒー焙煎士」についてです!

カフェなどの喫茶店に訪れなくてもおうちでとっても美味しいコーヒーが飲む方法が徹底的に解説されていますよ!

今回はコーヒー焙煎士である後藤直紀について調べてみました!テレビで紹介されるコーヒーのメーカーや飲み方、そして後藤直紀の経歴がすごかったのでお伝えしていきます。

スポンサードリンク

後藤直紀がおすすめするコーヒーメーカーや作り方

後藤直紀さんは現在福岡県大野城市の白木原に「豆香洞コーヒー」というお店を経営されていました。

このコーヒーメーカーに関しては番組が始まらないとわからないのですが、まずコーヒーの豆から選び方があるそうです!

自宅で自家焙煎でコーヒーを美味しくいただく方法がたくさんあるようなので、この作り方がわかれば本当にお店や喫茶店に行かなくていいんですよね!!

わかり次第追記していきますね。

スポンサードリンク

後藤直紀のコーヒー焙煎士という職業について

まずこのコーヒー焙煎士になるためにはコーヒーの豆はもちろん種類も詳しくなる必要がありますが、生豆の選定ができるようになることや、上手に焙煎することができることが大前提のようです。

とにかく豆に詳しくなるだけではなく、焙煎機を使って豆だったりお湯の温度だったりの細かいコントロールができるようにならないといけませんね。

焙煎というのはコーヒーの生豆に熱を与えて美味しい成分を引き出すという技が必要になってくるのでとても大事な作業が隠れていますよ。

最終的に求められるのは焙煎士と名乗るので、コーヒーを販売することになりますが、そこで安定した味わいを常に提供できるスキルが必要になってきますね。

一倍い早いのは、熟練の焙煎士に直接指導を受けることですね!

コーヒー焙煎士になるための資格というのは特に必要なくて、やはり純粋に美味しいコーヒーを提供できるかが大事になってくると思います。

経歴がすごい!

後藤直紀の経歴をみていきましょう。

最初から焙煎士になろうとしていたわけではありませんが、最初はイベンド会社で勤務している時に飲んでいたコーヒーが好きになったことから焙煎へのこだわりが出てきたそうです。

焙煎を独学で勉強し始めた後藤さんは独立開業を目指して、東京の「バッハコーヒー」へと弟子入り。

田口護氏に三年間直接指導を受けて、焙煎理論や焙煎技術を徹底的に学び、店舗の運営の仕方やサービスを提供する基本のスキルを学びます。

この間一年間のコーヒー教室の講師もされて、無店舗の状態でコーヒー豆の販売も開始、徐々に経験を積んで2008年6月に「豆香洞コーヒー」をオープンさせたのです。

コーヒー焙煎士としての資格もたくさん持ってますが、ここまでのスキルはマツコの知らない世界でみてわかるように「世界一のコーヒー焙煎士」といわれるわけがしっかりわかるはずですよ♪